欅坂時代の知られざる秘密を暴露予定か? 今泉佑唯独立の影響が想像以上に大きい可能性

拡大画像を見る

 元欅坂46(現櫻坂46)の今泉佑唯が今月、所属事務所のエイベックス・アスナロ・カンパニーとの契約を解除し、フリーとなった。今後はYouTuberとして活動していくことは確実で、欅坂時代の知られざる秘密を暴露していくことになるだろう。

 今泉は今年1月、YouTuberのワタナベマホト(本名・渡辺摩萌峡)との婚約、妊娠を発表。3月にワタナベマホトが児童買春・ポルノ禁止法違反で逮捕、略式起訴され、YouTuberを引退した。しかし別れることなく、今泉は6月に第一子を出産。近く正式に結婚するようだ。

 出産したばかりかつ、未来の夫は逮捕されてYouTuberを引退――そんなタイミングでなぜ大手から独立したのか? 

「一連のワタナベマホトのスキャンダルの時、今泉は事務所が守ってくれないと不満を溜め込んでいた。しかし事務所とすればワタナベマホトは全く関係ないから守る必要はない。その前から今泉には様々な要因で入れた仕事を飛ばされており、両者の関係は破綻していた」(芸能事務所関係者)

 エイベックスも元AKB48から女優転身に成功した川栄李奈と同じ道を進ませようと頑張ったのだが、共通点は突然妊娠したということしかなく、今泉が大成することはなかった。その上でワタナベマホトのスキャンダルの尻拭いまで求められたのだから、これ以上はもう相手にできないという決断を下したのだ。

 女優転身は失敗に終わった今泉だが、本人は落ち込むことなく意気軒高だ。今後はYouTubeの世界で、ワタナベマホトが培った技術、人脈をフルに活かして活動していく意向だという。

「ワタナベマホトはYouTuberこそ引退したが、まだその世界では顔がきく。いずれ復活するだろうが、まずは今泉のYouTuberデビューをバックアップしていくようだ。今泉は欅坂時代のイジメ(とはいえ、本人の主張がすべて正しいわけではない)を今でも恨んでおり、一方的に内情を告発していくのではないかといわれている」(芸能関係者)

 改名して新たなスタートを切った櫻坂に激震が起きそうだ。

  • 7/6 7:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます