マクドナルド従業員がシフト中に一斉退職 「最悪の労働環境」と訴え(米)

拡大画像を見る

一斉退職の出来事が発生したのは、米カリフォルニア州サンディエゴ郡ラ・メサにあるマクドナルドだ。この店舗で働いていたゾーイさん(Zoey)が撮影した動画には、誰もいない店内やキッチンの様子が次々と映る。

そして店舗の入り口には、一度丸められたシワシワの紙に「スタッフが全員辞めたので閉店です」と書かれたメモが貼られていた。

ゾーイさんは動画のコメント欄で「ここの店舗は10代のスタッフで回しており、上層部の人たちは私たちが必要とした時に助けてくれませんでした。多くの若者は同様の環境で働き始めると思いますが、最悪の労働環境です」と記している。

さらに「私たちは給料が悪いからこのようなことをしているわけではありません」とも明かしており、給料が低いことが問題になったのではなく、労働環境の悪さが我慢の限界に達し、今回の事態を招いてしまったようだ。

ゾーイさんたちが一斉退職をする前日の6月27日、既に数人のスタッフが事前に退職を伝え、既定の期間しっかりと出勤してから辞めていたことも明らかになっている。

また最初の動画を投稿した翌日には別の動画をアップしており、店舗の外から数名のスタッフが店内を覗く様子が映っている。その店内では、別のスタッフ数人が慌ただしく働く姿が確認できる。この動画についてゾーイさんは詳しく明かしていないが、実際には閉店せずに営業を続けていたようだ。

結果的には一時的な抗議になったようだが、最初の動画には230万件以上の「いいね」が寄せられており、コメント欄には以下のような声があがった。

「もっとこうして声をあげるべき」
「素晴らしい団結力だ。どれだけ酷い労働環境なのかよく分かるよ」
「サービス業で働いている人は、みんなこの動画に共感できるよね」
「上層部の金持ちは、貧しい労働者から金を巻き上げているんだ」
「うちの地元のスターバックスも同じことしていたよ」
「マネージャーが最悪だったんだろうね」
「私も6人くらいのスタッフと一緒に辞めたことがあるよ」

また「昔に似たようなことをした」というコメントも多数届いていた。

ちなみに今年4月には、アメリカの別の店舗のマクドナルドで「スタッフが不足していますので、ご注文を受けるまでにお時間をいただく場合がございます。ご理解のほどよろしくお願いします。誰も働きたくないのです」という案内板が登場し、TikTokで話題となっていた。

この動画にも「人手不足はスタッフのせいではない」など、店の正直な訴えに同情するコメントが集まった。この時期にはアメリカで失業手当がまだ出ていた時期だったそうで、「多くの人は感染を恐れてサービス業で働きたくないと考えているんだ」という声も見受けられた。

画像は『Zoey 2021年6月28日付TikTok「Well that happened today and it was so funny」、2021年6月29日付TikTok「Story time? Here’s a little more I barely recorded that’s why.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 7/7 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

11
  • жг

    8/1 23:46

    マクドナルドのスタッフの帽子に Championとか書いたワッペンが貼ってある人がいて、 尋ねたら丁寧に教えてくれた。

  • もう20年前の話ですが 私の弟は 大学を卒業して 試験を受けて 大好きな マクドナルドに入社しました 直属の上司の酷い 嫌がらせいじめを受け うつ病を発症して 退職しました それはそれは 酷い いじめでした 今なら 表沙汰にしてとか できますが その当時は やめるしかない 感じでした それで人生が変わるのですから 今思うだけで 腹立たしい気持ちになります 日本でも 色々あるわけです!

  • ***

    7/21 19:22

    安い賃金で劣悪環境、こう言う環境しか働けない人達は世の中には必要です、自分が良い暮らし、給料を得る為にはね\(^-^)/悔しければ良職に就き高額報酬もらえば~無理と思うが\(^-^)/

記事の無断転載を禁じます