解消しよう!【嫉妬しすぎて苦しい】ときの対処法って?

拡大画像を見る


嫉妬しすぎることで苦しくなることがありませんか?この苦しみの原因は嫉妬だというのが分かっていても、どう対処したら楽になれるのか分からないですよね。しばらくの間は嫉妬が止まらなくなるでしょう。
そこで今回は、嫉妬しすぎて苦しいと感じるときの対処法について紹介します。


嫉妬を認める

嫉妬しすぎて苦しいときは「嫉妬じゃない...」「当たり前の感情」と思うのではなく「私嫉妬してるんだな...」と認めたほうが楽になります。嫉妬は認めないと強がるだけになるためどんどん苦しくなりますね。
確かに、嫉妬しすぎている自分なんて嫌と思いますし、カッコ悪いとも思うものです。しかし、認めたほうが潔いですし相手にも「嫉妬しているから...」と素直に言うことができますよね。


嫉妬を可愛く伝える

嫉妬の原因というのは、相手の行動や言動にあることが多いですよね。そのため、嫉妬して苦しいときは相手に伝えましょう。「嫉妬してごめんねって思うけど好きだから止まらなくて...」などのように可愛く伝えてくださいね。
イライラして伝えると相手も怒るので、可愛く伝えることで大事にしてもらいましょう。相手が原因の嫉妬の苦しさは相手の理解で解けることがありますよ。


嫉妬するのは好きだからと思う

自分が嫉妬ばかりしていると「なんでこんな気持ちにならないといけないのかな...」と落ち込むことがあるでしょう。しかし、嫉妬するということは相手のことがちゃんと好きだということですよね。
ちゃんと好きな人に出会えて恋愛をすることができているということに気付きましょう。それだけでありがたい気持ちが出てくるため、苦しさから少しは離れることができますよ。


嫉妬するのは自分だけではない

嫉妬していると、「自分ばかり好きなのかな?」「相手はなんで嫉妬しないのかな?」と思いがちになります。しかし、付き合っているのなら相手もそれなりに嫉妬している部分があるでしょう。
嫉妬していることを出さないだけで本当は心の中で戦っている可能性もあります。実際に嫉妬しているのは自分だけではありません。きっと相手もしていると思って自信を持ちましょう。


嫉妬の苦しさは早めに解消しよう!

嫉妬しすぎて苦しいとき、恋愛そのものに苦しさを感じてしまうことがあるでしょう。早めに解消して恋愛を楽しんでくださいね。嫉妬しすぎて苦しい恋愛も大事にしましょう。(みいな/ライター)(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/7 6:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます