今泉佑唯、出産を報告「自分なりの幸せのかたちを見つけることができました」

【モデルプレス=2021/07/06】女優の今泉佑唯が、2020年10月ぶりに自身のSNSを更新。第1子出産と事務所との専属契約終了を報告した。

◆今泉佑唯、出産を報告

4枚にわたるコメントを掲載した今泉は、まず「関係各社の皆様、この度は多大なるご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。そして、応援してくださっている皆様にご心配をお掛けしてしまい誠に申し訳ございませんでした」と謝罪。

「皆様からの様々なお声を受け止め、自分なりの幸せのかたちを見つけることができました」とした。

そして、すでに報じられていた第1子の出産を改めて報告。「子供のことを最優先に考え、心身共に落ち着いたタイミングで皆様にご報告することを心の中で決めていましたが、意図せぬ形で皆様に伝わってしまい予想外で大変困惑しております」と報告が今になった理由を説明し、「体調が本調子でなかったことからご報告が遅くなってしまいました。今は家族や友人に支えられながら穏やかな日々を送っています」と現在の生活を明かした。

「ネットや一部報道では色々な憶測が飛び交っていますが命懸けで出産した大切な子供に対してなにかを言われてしまうと、本当に、本当に悲しくなります。産まれてきた子供の将来を考え、今後子供のことを一切発信していく予定はございません」と子供についての考えを表明した。

また、事務所との専属契約終了についても報告。「出産までの10ヶ月を通して、母として小さな命を守り抜く責任と、妊娠出産は当たり前ではないということ、命を授かるって本当に奇跡なんだなと身をもって感じました。どんな状況でも懸命に生きようと頑張ってくれている小さな命に心から感謝の気持ちでいっぱいです。自分の人生をかけてこの先もずっとずっと守り続けていきます。子供にたくさんの愛情を注いで最高の母になります!」と母として決意表明。

今後の活動については「また改めてご報告させていただきます」とし、「こんな私を応援していただけるように精一杯精進してまいります」と呼びかけた。

◆今泉佑唯、6月に第1子出産

今泉は、2015年に欅坂46のメンバーとしてデビュー。2018年に卒業後、女優として活躍。女性ファッション誌「ar」のレギュラーモデルも務めている。2019年3月には自身初の舞台「熱海殺人事件 LAST GENERATION 46」に出演し、以降、女優として精力的に活動。

2021年1月に、ワタナベマホトとの結婚・第1子妊娠を発表。6月25日に出産した。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/6 21:43
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます