リーズ、バルサからDFフィルポを完全移籍で獲得! 移籍金は約20億円

拡大画像を見る

 リーズは6日、バルセロナからスペイン人DFジュニオル・フィルポを完全移籍で獲得した。両クラブの公式サイトが伝えている。

 リーズとフィルポは2025年6月30日までの4年契約を結び、背番号は「3」に決定している。また、バルセロナの発表によると、移籍金は1500万ユーロ(約20億円)となる。なお、契約には、フィルポが将来的に移籍する際に移籍金の20パーセントをバルセロナが受け取れる条項も付帯している。



 左サイドバックを主戦場とするフィルポは、ドミニカ共和国出身の現在24歳。幼少期にスペインへと移住し、2018年2月にベティスでデビューを飾った。

 同選手は2019年夏、1800万ユーロ(当時レートで約21億円)の移籍金でバルセロナへと完全移籍。しかし、スペイン代表DFジョルディ・アルバからポジションを奪うことはできず、2年間で公式戦通算41試合の出場と2ゴール3アシストにとどまった。

 リーズは今夏、北マケドニア代表DFエズジャン・アリオスキが契約満了に伴い退団。フィルポには同選手の穴を埋める活躍が期待される。

関連リンク

  • 7/6 20:17
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます