モウリーニョ、注目のEURO準決勝を展望「スペインがイタリアほど強いとは思わない」

拡大画像を見る

 ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、6日に予定されているEURO2020準決勝イタリア対スペインについて言及した。5日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 これまでモウリーニョ監督はイタリアでインテルを、スペインでレアル・マドリードを指揮しており、両国に関する指導経験は豊富。そこで現地メディアの解説として登場した同監督は、準決勝を以下のように展望した。どうやら同監督は、イタリアがやや有利と考えているようだ。

「彼らは(レオナルド・)スピナッツォーラを負傷により失い、大きな痛手を負った。来シーズンからローマを指揮する私にとっては想像に難くない事態だ。エメルソン(・パルミエリ)は確かに良い選手だが、スピナッツォーラは信じられないほど良いプレーをしていて、素晴らしい4バックだったからね」

「それでも、スペインがイタリアほど強いとは思わない。もちろん彼らには才能と確立されたプレースタイルがあり、試合が自分たちの臨む方向へ進んだ時には、相手を苦しめることができるだろう。ただ、スピナッツォーラと話した時、彼らがどれだけ自信を持っているのかを感じられた。スペインに敬意を払っているから詳しくは話さないが、私はイタリアに素晴らしい雰囲気を感じ取れた」

「重要な準決勝だ。(EURO2012で)スペインがイタリアを決勝戦で破った時の再戦となる。私も楽しみにしているよ」

関連リンク

  • 7/6 19:57
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます