ミスマガジン・ベスト16にすし店見習いの大塚遙「大将にGPという最高のネタを」

拡大画像を見る

 女優の斉藤由貴(54)、中川翔子(36)らを輩出したグラビアコンテスト「ミスマガジン2021」のベスト16お披露目会見が6日、都内の講談社で行われた。

 銀座のすし店で見習いをしながら芸能活動をしている大塚遙(22)は「特技はシャリを20グラム均一に握ること」と自己紹介。バスケで関東大会に出場した運動神経を反復横跳びでアピールすると「いつもお世話になっている家族と大将に、グランプリという最高の“ネタ”をお届けできたら」と意気込んだ。

 応募総数は2915人。グランプリと各賞は、10月上旬に発表される。

関連リンク

  • 7/6 18:08
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます