浦和がJリーグからの懲罰について不服申立へ「クラブ内で検討した結果、正式に」

拡大画像を見る

 浦和レッズは6日、Jリーグからの懲罰について、不服申し立てを行うことを公式サイトで発表した。

 浦和は6月20日に開催された明治安田生命J1リーグ第18節湘南ベルマーレ戦で、Jリーグが指定する公式の検査で陰性判定を得ていなかったGK鈴木彩艶を起用。これがJFA懲罰規程競技及び競技会における懲罰基準3-3「出場資格の無い選手の公式試合への不正出場(未遂を含む)」に該当したとして、Jリーグは1日、同クラブに対してけん責、および浦和の0-3負け試合として扱う(※各個人記録は変更なし)処分を下していた。

 浦和は「Jリーグより7月1日付で通告を受けた懲罰につきまして、クラブ内で検討した結果、正式に不服申立をすることを決定いたしましたのでお知らせいたします。近日中に不服申立文書を作成し、JFA不服申立委員会に提出いたします」と、不服申し立てを行うことを明らかにした。

関連リンク

  • 7/6 18:13
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます