新木優子、「在宅オタク」のパワーワードにハロヲタが騒然!

 女優の新木優子はガチなモーニング娘。ヲタだった! 7月4日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)で明かしたモー娘。愛に、ファンが拍手喝采を贈っているという。

 この日は「私が憧れた神アイドル」をテーマに、出演者がそれぞれの神アイドルを紹介。新木は森高千里らにハマっていたと語りつつ、大学3年生の時に「いまのモーニング娘。ってこんなにスゴいの!?」と、あらためて最新のモー娘。にハマったのだという。

「彼女は『最初は在宅オタクしていたんですけど、気持ちが止まらなくなっちゃって、(ライブに)行ったらそこからハマっちゃって』と説明。まさか人気女優の口から“在宅オタク”とのパワーワードが飛び出したことに、ハロヲタたちは《まさにハロヲタそのもの》《同じ穴のムジナだ》と沸きに沸いていました。そして新木は2018年のゴールデンウイークに3日間、中野サンプラザにいたことも告白。ハロプロの聖地である東京・中野サンプラザに通い詰めていたという事実に、《あの空間を共有していたのか》と熱い仲間意識を感じ取るハロヲタが続出していたのです」(アイドル誌ライター)


 その新木、以前にも雑誌のインタビューで「最初は在宅ヲタに徹していた」「ヲタ活の日課」などと語っており、一部のハロヲタにはすでにそのハロプロ愛を知られていたという。

「番組では『愛された​い愛されたい!』と、全ハロヲタが知るモー娘。の楽曲『わがまま 気のまま 愛のジョーク』の歌詞に由来する定番フレーズも口に。しかもフワちゃんと滝沢カレンがミニモニ。メンバーとコラボした場面では、スタジオの奥にいた振付師のみつばちまき氏を目ざとく見つけ、司会の明石家さんまを驚かせていました。これらの発言や行動から、今回の放送で彼女のモー娘。愛を初めて知ったハロヲタからも、ガチ認定されていたのは確実です」(アイドル誌ライター)

 その調子でぜひ、ヒロインで出演するドラマ「ボクの殺意が恋をした」(日本テレビ系)でも、モー娘。がらみのエピソードを披露していただきたいものだ。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/6 18:00
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます