触るとそんなに気持ちいい!?葵わかな、「セルフもみもみ写真」で浮上した“疑惑”

拡大画像を見る

 女優の葵わかなが6月30日、インスタグラムで23歳の誕生日を迎えたことを報告した。葵は〈とっても体感がはやいです〉と感想を述べ、昨年は仕事でもプライベートでも幸せの定義を探していた1年だったとしている。同時にこの日に撮影したと思われる自身の写真も公開した。

 写真は黒のキャップをかぶり、黒のTシャツ姿をした彼女がテーブルに肘をついているショット。カジュアルな服装で、顔もほぼすっぴんのようだ。

「それでも美しさがよくわかります。衣装でごまかしたり、化粧をしなくても素で美しいのでしょう。朝ドラに出ていたころからかわらないキュートさです」(週刊誌記者)

 写真に写っていた葵の行動がさらに注目を集めた。右手で左腕の二の腕の内側をつまんでいるのである。彼女のクセなのかもしれないが、不思議な行動だ。

「葵の二の腕は肉付きがよくとても柔らかそう。揉んでもつまんでもさぞ気持ちいいと思います。あまりに気持ちよくて無意識にやっているのではないでしょうか。よく二の腕のやわらかさはバストの柔らかさと言うので、揉み心地がどんなのか、想像してしまいます」(前出・週刊誌記者)

 何気ないしぐさでもあらぬ妄想を惹起してしまうとは…女優としての葵の「大人の艶技」にも期待したくなってくる。

関連リンク

  • 7/6 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます