バックアップから登録メンバーへ…U24日本代表DF町田浩樹が意気込み「モチベーションも高い」

拡大画像を見る

 合宿をスタートさせたU-24日本代表DF町田浩樹がオンラインで会見に臨み、質問に応じた。

 町田は当初バックアップメンバーとして選手されたが、東京五輪だけの特例として、バックアップメンバー無しの22名を登録メンバーとして登録できるようになったため本登録となった。同選手は「その話を聞いた時は非常に嬉しかったですし、ケガ人が出ないと試合に出られないバックアップメンバーと違い、大枠ではあるが試合に出られる可能性があるだけで、モチベーションも高い」と喜んだ。

 鹿島アントラーズで普段はプレーしている町田。“常勝軍団”はこれまでも五輪メンバーを送り出している。「ソガさん(曽ヶ端準)としゃべっていて、ソガさんはバックアップメンバーでもOAでも行っていて、五輪はこういう雰囲気だよと少しだけですが、話しました」とOBにアドバイスを受けたと明かした町田は「経験した選手の話を聞くことは大事ですし、経験した選手にしかわからないこともあると思うので、そこはすごく感謝しています」とコメントしている。

 また、正式メンバーで臨むことになった自国開催の東京オリンピック。改めて同選手は「自国開催でできるチャンスは少ないですし、一生に一度出られるかの大会だと思うので、いい準備をして一丸となって戦いたい」と意気込んだ。続けて屋台骨となるCBとして「僕は守備の選手なので、失点しないことが大事。失点しなければ負けることはないですし、攻撃にはタレントが揃っていて、得点を取ってくれる選手がいるので、過密日程の中でどれだけ守備が崩れずに安定した戦い方ができるかは、ディフェンダーとして、チームとして大事」とキーポイントを挙げている。

関連リンク

  • 7/6 15:56
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます