赤江珠緒 金価格高騰でプチバブル 6年前購入の純金えびす様が倍に「いつ売れば?」

拡大画像を見る

 フリーアナウンサーの赤江珠緒が6日、TBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」に出演。金の価格高騰でプチバブルを迎えていることを明かした。

 番組冒頭、共演する南海キャンディーズの山里亮太が6月29日放送の「クイズ!倍買」で10問全問正解し賞金606万円を獲得したことに触れ、赤江は「やったわね。亮太やったわね」と下心たっぷりの様子。山里から「あげないよ」と両親にクルージング旅行をプレゼントし、残りは全額寄付したことを明かされた。

 赤江は続けて「私、意外なお金が手に入って…」と告白。家を断捨離し、不要品をブックオフに売ったところ、いらなくなったアクセサリーに18金のものがあり、6万円の価格がついたことを明かした。

 実は金はいま、高騰中。2010年には24金が1グラム3800円ほどだったが、現在は約7000円になっている。

 ここで赤江が思い出したのが、今から6年前、40歳のときに番組ですすめられて、「買わされた」という純金のえびす様。当時も金の価格は上昇中で周囲からは「バカだね、いま高騰しているのに」と言われたが、さらに高騰を継続している、まさかのバブル状態だ。

 「当時が1グラム4000円くらいだったのに、また上がっているの~。いま7000円。いつ売ればいいの?いまなの?」と興奮を隠せなかった赤江。606万円ゲットした山里も、「ごちそうさまです」と返していた。

関連リンク

  • 7/6 15:17
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます