ブラマヨ小杉 五輪開催「やるねんやったら有観客で」ブレずに主張

拡大画像を見る

 フジテレビ系「バイキングMORE」が6日、東京五輪でまだ決まっていない観客問題を取り上げ、チケット再抽選の結果発表が当初の6日未明から10日未明に延期されたことを伝えた。新型コロナ感染の再拡大で無観客開催を主張する声が多い中、ブラックマヨネーズ・小杉竜一は「僕はやるねんやったら有観客でやってほしいなと思う」とブレずに主張した。

 なかなか無観客開催に決まらない状況を、時事通信解説委員・山田惠資氏は「一部無観客というような形で方向は無観客だが、一気にいかないという一つの見方として、いずれ無観客にせざるを得ないにしても、カードを少し温存しながら切っていくっていう。一気に行ってしまえば、もう無観客の次はどうなるんだと。場合によっては中止もあり得る。そこにはやはり、なるべく行かないようにという、まあ小出し作戦」と解説。

 MCの俳優・坂上忍も「無観客いつまで引っ張る論っていうのがあると思うけど」と、うんざりしたように離したが、小杉は有観客を支持。「僕はやるねんやったら有観客でやってほしいなと思うので。あんだけ広いねんから離れて座ったらええん違うんかなと思ってしまうんで。そこをうまく、何とかバブルの崩壊せえへんようにしてほしい。ワッと盛り上がったやつを見たいですね」と持論を口にした。

 坂上が「これ、だから無観客になったとして、でも五輪の関係者とかは見れるわけでしょ。だから、おえらい方々たちだけが生で見れるというね」と話すと、小杉は「そうなるぐらいやったら一般のお客さんも入れて、席ガッと離して人入れてやりたいなと思うんですよね」と熱を込めた。

関連リンク

  • 7/6 15:15
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます