TBS・小林廣輝アナ、『アッコにおまかせ!』で“ルール”破り!? 和田アキ子や番組サイドに“不信感”で、「長くはいない」の本音も?

 テレビ朝日・斎藤ちはるアナウンサーとの交際報道から一転、次々と浮気相手の存在を報じられ、絶体絶命の窮地に陥っているTBS・小林廣輝アナ。レギュラー番組は次々と出演見合わせとなり、一部では新番組での起用も「見送られた」と伝えられている。そんな小林アナだが、レギュラーの一つであった『アッコにおまかせ!』における“業界ルール”をめぐり、「自らも局に見切りをつけていた」(芸能プロ関係者)ようだ。

 6月9日、ニュースサイト「フライデーデジタル」は、小林アナと斎藤アナの「お泊まり愛」をスクープ。小林アナはその後、別の女性との2股疑惑に加え、4人の女性との関係も続報され、「6股疑惑」にまで発展した。

「ほかにも“余罪”が星の数ほど存在するといわれており、TBSも何らかの措置を取らざるを得なくなってしまったようです。ネット上では『不倫じゃないし問題ないのでは?』という声もありますが、6股疑惑ともなると、局や番組のイメージにも傷がつく。このまま番組出演を続けると、過去に関係を持った女性からの情報提供が、次々と週刊誌に寄せられる可能性もあるだけに、報道や騒動を落ち着かせるためにも、小林アナを表舞台から、いったんは遠ざけようということになりました」(テレビ局関係者)

 同27日放送の『おまかせ』では、小林アナの出演休止について、和田アキ子が「みんなにどういう影響があるのか自分で考えて、自覚をもって生きていただきたい。(番組に)帰ってこれるなら帰ってくればいいし、それは会社の判断だと思います」とコメントしていた。

「番組MCから直々にダメ出しを受けた小林アナですが、実は彼も和田や番組に対して、強烈な不信感を抱く出来事があったとか。同番組では、和田がTBS入りする際に、出演者やスタッフ総出で『お出迎え』を行うという“ルール”があるのですが、ある時、小林アナは遅刻して間に合わなかったそう。上司からは厳しく叱責され、反省文まで提出させられたというんです」(芸能プロ関係者)

 この理不尽とも言える“同調圧力”に、小林は強烈な違和感を覚えていたようだ。

「番組制作上、不必要な業務だと思ったのでしょう。この一件を引き合いに出して『もう長くは(TBSに)いないと思う』などと周囲に本音を漏らしていたそうです」(同)

 こうして、自ら思い描いた未来とは少々違う形ではあるものの、一応は、希望通りテレビ局と距離を取ることができた小林アナ。一部では、TBSを退社し、慶応大学時代の同期と起業する準備を進めているとも報じられているが、総じて彼は、テレビ業界には向いていなかったということなのかもしれない。

  • 7/6 12:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます