L・エンリケ監督、EURO決勝進出へ意気込み「チームの価値を示す絶好のチャンス」

拡大画像を見る

 スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、EURO2020準決勝イタリア戦に向けた記者会見に出席した。5日付けでイタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

 6日に『ウェンブリー・スタジアム』で迎える大一番へ向け、まずL・エンリケ監督は「(アイメリク・)ラポルテは昨日トレーニングをしなかったが、しっかり回復した。パブロ・サラビアは今回の遠征には参加していない。その他の選手はみんな元気だし、誰もが明日のピッチに立ちたいと考えている」と選手のコンディションについて語った。

 イタリア戦に向けては「この機会を過小評価することはできない。明日の試合はこのチームの価値を示す絶好のチャンスであり、選手たちは試合のことだけを考えているはずだ。この先に大きな目標があり、我々は100パーセントの力を発揮しなければならないだろう」とコメント。また「我々はポゼッションにおいてトップレベルだが、彼ら(イタリア)もまたゲームを支配しようとするだろう。そして、彼らはボールを持っていない状態でも良いプレーをする。これは大会中に見受けられたことだが、我々がボールを支配したいと思っている」と互いのスタイルへの印象も語った。

 そしてL・エンリケ監督は「私はリーダーだが、ピッチには入らない。勝利のために重要なのは、ピッチにいる選手たちだ。プレス、得点、相手の動きに注意することが必要で、この能力を備えた選手が我々には多くいる。もしスペインが決勝戦に進むことができたら、それは選手たちのおかげだと思っている」と続け、チームへの期待を示している。

関連リンク

  • 7/6 14:56
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます