マンチーニ監督、決勝進出へ期待高まるもあくまで冷静「多くの困難に直面するはず」

拡大画像を見る

 イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督がEURO2020準決勝スペイン戦について言及した。5日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 現地時間6日に『ウェンブリー・スタジアム』で行われるスペイン戦へ、ここまで5試合全て90分で勝利を収めているイタリアのマンチーニ監督が記者会見に出席。その好調さから決勝進出へ大きな期待を寄せられているが、あくまで冷静な姿勢を保っている。以下のように語った。

「それ(決勝進出)は簡単なことではない。我々は素晴らしいパフォーマンスを見せなければならない。スペインは言うまでもなくトップチームだし、我々は準決勝を戦おうとしている。決して簡単ではなく、タフな試合になるだろう。スペインとベルギーは違うチームだが、またしても多くの困難に直面することになるはずだ」

「スペインはここ数年で驚くべき活躍を見せており、若い選手も多く、優れた監督もいる。ルイス・エンリケはバルセロナでチャンピオンズリーグを制したが、彼の資質はそれだけに収まらないだろう」

 またマンチーニ監督は、グループステージで2ゴールを挙げながらも決勝トーナメントで得点がなく、批判に晒されているFWチーロ・インモービレについても「彼はゴールデンブーツ賞を受賞した男であり、ここ数年でベストスコアラーの1人だ」と擁護。チームのエースへ変わらぬ信頼を示している。

関連リンク

  • 7/6 14:05
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます