「嵐ジオ」に続き大野智の不参加確定? 「ウラ嵐ベスト」企画に「寂しい」の声!

拡大画像を見る

 嵐の公式ツイッターアカウントが7月6日から、『嵐のウラ嵐BEST』と題した企画を行う。

 この企画は、7月16日に配信される、嵐のカップリング曲やアルバムの初回限定盤のみ収録されている楽曲などを収めたベストアルバム『ウラ嵐BEST 1999-2007』『ウラ嵐BEST 2008-2011』『ウラ嵐BEST 2012-2015』『ウラ嵐BEST 2016-2020』の中から、1タイトルにつき1曲をメンバーが紹介するというもの。

 初日となる7月6日は『ウラ嵐BEST 1999-2007』の1曲が紹介されるという。

「活動休止中にもかかわらず、メンバーが参加してくれる企画とあって、“休止中の寂しい気持ちを少しでも埋めてうれて感謝してます”など喜ぶ声も多数上がっていました。ただ、嵐のツイッターアカウントの投稿を見ると、どのメンバーが参加するか触れられていません。また、“嵐のメンバーが1タイトルにつき1曲をピックアップして紹介する”とあり、『ウラ嵐BEST』は4タイトルしかないため、芸能活動を休止している大野智(40)は参加しないのではないかとの見方もあります。

 そのため、“やっぱりだけど、大野くんは無し…なんか、分かってたけどやっぱり寂しいよ……”“4人が活動すればするほど、何で大野くんはいないの?ってプレッシャーかけるようなこと思わずに居られない”“4人で嵐を動かすのは違うよね。なら最初から4人で活動します、大野はお休みですで良かったのにそしたら受け入れられた”といった声もSNSには寄せられていました」(女性誌ライター)

■昨年、5人が揃ってトークしていた『嵐ジオ」も……

 活動休止後に、嵐のメンバーが、グループのための企画に参加することはほかにもあった。

 6月16日には、2020年10月から12月にかけて嵐のファンクラブで配信されていた音声コンテンツ『嵐ジオ』が限定復活し、二宮和也(38)と相葉雅紀(38)、櫻井翔(39)と松本潤(37)の2人ずつのトークとなると告知された。

「昨年『嵐ジオ』が配信されていたときは、5人揃ってトークを行っていたのですが、今回は大野以外の4人が2人ずつ参加します。1月19日発売の『女性自身』(光文社)では、嵐のメンバー4人が集結し、1人芸能活動を休止した大野の“孤立”や“不在”が際立たないよう、メンバーが共演する際には2人までという新ルールを導入したと報じていますが、そのルールが適用されたのでしょう。

 また、2019年5月にグループとしてNHKの『東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャル​ナビゲーター』を務めることが発表されたものの、五輪がコロナで延期。嵐も活動休止になってしまったたため、動向が注目されていたNHKのスペシャル​ナビゲーターについても、6月23日、相葉と櫻井が就任することが明らかになり、ここでも2人ルールが適用されました。

 メンバー4人が、大野にかなり気を遣っているのは間違いなさそうです。ただそれと同時に、大野ファンの悲痛な叫びが上がってしまっていますね……」(前出の女性誌記者)

 今は大野にはしっかり休んでもらい、また5人で活動する日を待ちたいが……。

関連リンク

  • 7/6 13:59
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます