アンジャ児嶋 6年前から漢字練習、8年前から子ども新聞定期購読

拡大画像を見る

 アンジャッシュの児嶋一哉が5日に放送された日本テレビ系「しゃべくり007」で、6年前から漢字練習、8年前から小学生新聞を定期購読していることを明かした。

 番組では20代が選ぶ好きなYouTuberで1位となるなど、好感度芸人としても注目されてきた児嶋がゲスト。妻や周囲に取材し、児嶋の知られざる一面を紹介した。

 児嶋の妻によると、児嶋は「時間があるときはひたすら漢字練習」をしているといい、6年前から練習しているノートが披露された。児嶋は「漢字というより、字が汚すぎて。クイズ番組とか大喜利で字を書くから」と説明。「おもしろい、おもしろくないじゃない。字が汚くてぶれちゃう」と、字が汚すぎてネタが伝わらないことから練習を開始したという。

 さらに常識を身につけたいとして「8年前から小学生新聞を愛読」していることも告白。「普通の新聞はバカなんで難しすぎる」と言うとスタジオも爆笑だ。くりぃむしちゅーの上田晋也から、ちなみにこの日で印象に残っている記事は?と聴かれ「友達をいっぱいつくりましょう…って記事」と笑わせていた。

関連リンク

  • 7/6 13:27
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます