関東から行ける1泊2日の国内旅行おすすめ7選!週末に楽しめる観光地を厳選

拡大画像を見る

都内からのアクセスが良く1泊2日で気軽に旅行を楽しめる観光地は多くあります。忙しい毎日を過ごしていると、週末や短い休日など限られた時間の中でも、充実した国内旅行を楽しみたいものです!今回は関東から1泊2日で楽しめる国内旅行のおすすめ観光地をご紹介します!


1.【長野県】信州避暑地「軽井沢」で1泊2日の国内旅行


pixta.jp


最初に紹介するのは、北アルプスや上高地、軽井沢など自然が溢れる土地「長野」です。野沢温泉や湯田中渋温泉郷でゆったり湯巡りを楽しんだり、志賀高原でトレッキングを満喫したり、楽しみ方は様々。今回は避暑地「軽井沢」のおすすめ観光スポットをご紹介します!


星野リゾートに隣接する「ハルニレテラス」


#軽井沢 #ハルニレテラス

#軽井沢 #ハルニレテラス


まず紹介するのは、"軽井沢の日常"をコンセプトに造られた「ハルニレテラス」です。周辺は小さな街のようにできてており、モダンな建物と足元のウッドデッキが目を惹きます。

「ハルニレテラス」にはイタリアンやお蕎麦屋、中華料理、ベーカリーなどのレストランがあるので、おしゃれランチを楽しむのにぴったり!まるで軽井沢に住んでいるかのように心地いいひとときを過ごせます。
所在地長野県北佐久郡軽井沢町長倉2148営業時間店舗により異なります定休日無休アクセス情報バス:軽井沢駅から西武観光バスで星野エリアまで約20分乗車


<スポット情報>
ハルニレテラス
住所: 長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2148
電話: 0267-45-5853


お土産を買うならここ!「旧軽井沢銀座」


#旧軽井沢メインストリート #旧軽井沢銀座通り #長野県 #北佐久郡 #軽井沢 #旅行 #おでかけ #お出かけ #私のお出かけ #秋 #山分け

#旧軽井沢メインストリート #旧軽井沢銀座通り #長野県 #北佐久郡 #軽井沢 #旅行 #おでかけ #お出かけ #私のお出かけ #秋 #山分け


続いて紹介するのはレトロな街並みが魅力的な商店街「旧軽井沢銀座」。こちらの商店街は食べ歩きグルメを楽しみたい方、軽井沢のお土産を購入したい方におすすめの観光スポットです!

「旧軽井沢銀座」には、一世を風靡させたロックバンド"ビートルズ"のジョン・レノンと妻オノ・ヨウコが訪れた「ミカドコーヒ」や、ジョンレノンが愛した「フランスベーカリー」があります。ファン必見のお店も外せない観光スポットです!


<スポット情報>
旧軽井沢銀座
住所: 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢739
電話: 0267-42-1775



2.【栃木県】ゆったりリフレッシュするなら「鬼怒川」で1泊2日の国内旅行


pixta.jp


続いて紹介するのは、世界遺産の「日光東照宮」や鬼怒川温泉などの名所が数多くある「栃木」。都心からのアクセスもよく、日帰りで訪れる方も多い観光地の1つです。今回は栃木の温泉街「鬼怒川」エリアの観光スポットを2つ紹介します。


関東有数の温泉地「鬼怒川温泉」


pixta.jp


まず紹介するのは、関東有数の温泉街「鬼怒川温泉」です。周辺には約40軒のホテル旅館やリゾートマンション、公共浴場、足湯が並びます。

鬼怒川には温泉だけでなく、鬼怒川ライン下りや鬼怒川温泉ロープウェイ、鬼怒楯岩大吊橋など鬼怒川の大自然を感じられるスポットが多数あります!短い時間でもたくさんの観光地を巡れるよう、計画的に鬼怒川温泉を満喫しましょう!


ミニチュアな世界を旅しよう「東武ワールドスクエア」



続いて紹介するのは、栃木で世界一周体験気分を体験できる「東武ワールドスクエア」です。こちらの施設には48の世界遺産を含む、世界の有名な建造物が102点ミニチュアサイズになって展示されています!

タイのアンコールワットやエジプトのピラミッドなど海外の有名観光地や、国会議事堂、金閣寺など国内の観光スポットまで様々な建物が小さくなって登場します!

気分は世界一周旅行!細やかに細工されたミニチュアな世界を楽しみましょう!
所在地栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1営業時間夏季(3月20日〜11月30日)9:00〜17:00
冬季(12月1日〜3月19日)9:30〜16:00定休日無休入場料金当日券:大人2,800円(税込)小人1,400円(税込)
前売り券:大人2,500円(税込)1,200円(税込)アクセス情報車:宇都宮ICから約20分


<スポット情報>
東武ワールドスクエア
住所: 栃木県日光市鬼怒川温泉大原209-1
電話: 0288-77-1055


3.【群馬県】大人も子供も楽しめる「草津」で1泊2日の国内旅行


pixta.jp


続いて紹介するのは、伊香保温泉や草津温泉などの温泉街が多い「群馬」。紹介する観光スポットは「草津温泉」の湯もみと湯畑です。草津温泉は日帰り温泉を楽しむのもおすすめですが、1泊2日でゆったり観光を楽しむのはもっとおすすめ!

東京から草津温泉は高速バスで約3時間半〜4時間10分ほどでアクセスできます。特急草津とバスを利用すれば約3時間20分ほどでの到着も可能。気軽に足を運んでみてください!


温泉街ならでは「湯もみ」体験


pixta.jp


まず紹介するのは、温泉街ならではの"湯もみ"体験ができる「熱乃湯」です。湯もみガールからの指導を受けて、湯もみ板で"湯もみ"をします。体験の様子は写真撮影もしてもらえるので、旅の思い出を記録することもできます!

湯もみ体験以外にも、体を鍛え上げた男性が迫力満点の湯もみを披露する"ゆもみくんショー"も開催されます!男性ならではの力強い湯もみを間近で見てみてください!
※2021年6月14日現在、ゆもみくんショーは休止中です。
最新情報は公式HPからご確認ください。

所在地群馬県吾妻郡草津町草津414営業時間9:30〜17:00定休日無休入場料金大人600円(税込)小学生300円(税込)
【別途料金】
湯もみ体験:小学生以上250円(税込)
ゆもみくんショー:大人600円(税込)小学生300円(税込)アクセス情報バス:草津温泉バスターミナルから徒歩約5分
車:関越道渋川伊香保ICから約1時間20分


<スポット情報>
熱乃湯
住所: 群馬県吾妻郡草津町草津414
電話: 0279-88-3613


夜はライトアップされる幻想的な「湯畑」を観光


pixta.jp


続いて紹介するのは、草津温泉の印象的な風景「湯畑」です。湯畑では、1日に約4,000Lの熱湯が沸いています。湯けむりが立ち上る風景は温泉街ならではの絶景。夜になるとライトアップされ、より幻想的な雰囲気が漂います。

草津温泉周辺に宿泊される方は、昼と夜でそれぞれの魅力を見せる「湯畑」を散策することをおすすめします!


<スポット情報>
草津湯畑
住所: 群馬県吾妻郡草津町草津
電話: 0279-88-0800



4.【静岡県】海鮮グルメも温泉も満喫するなら「伊豆・熱海」で1泊2日の国内旅行


pixta.jp


続いて紹介するのは、日本の代表的な山"富士山"がある「静岡」です。静岡といえば、富士宮の富士宮焼きそばや浜松の餃子、お茶などのグルメが有名で、富士山や熱海・伊豆など観光スポットが多いエリアです!

今回は1泊2日の旅行におすすめな伊豆・熱海エリアの観光スポットを紹介します!


吊り橋から眺める広大な海は圧巻の景色「城ヶ崎海岸」


pixta.jp


まず紹介するのは約4000年前に大室山雅噴火したときに流れ出した溶岩によってできた「城ヶ崎海岸」です。注目の観光スポットは「門脇つり橋」。足がすくむようなスリリングな吊り橋は、スリルを楽しむのはもちろんパノラマの絶景を楽しめるスポットです!

「城ヶ崎海岸」にはピクニカルコースというハイキングのコースがあるので、周囲を散策して伊豆の自然を感じてみるのもおすすめです!

所在地静岡県伊東市富戸営業時間24時間定休日なし入場料金無料アクセス情報バス:伊東駅からバスで約50分
電車:城ヶ崎海岸駅から徒歩約30分


<スポット情報>
城ヶ崎海岸駅
住所: 静岡県静岡県伊東市富戸字四辻下
電話:


おしゃれなアートが集まる「MOA美術館」で映え写真を撮ろう


#旅行 #moa美術館

#旅行 #moa美術館


続いて紹介するのは、写真好きな方必見の観光スポット「MOA美術館」。美術館は高台に佇み、相模湾の雄大な景色を眺められます。

館内には、和食とお蕎麦をいただける「和食 花の茶屋」があり、ゆったりとした食事の時間を過ごすことができます。パティシエの鎧塚俊彦プロデュースのスイーツ店もぜひ立ち寄っていただきたいスポットです!観光で歩き疲れた体をスイーツで癒しましょう!

所在地静岡県熱海市桃山町26-2営業時間9:30〜16:30(最終入館は16:00)定休日木曜日(祝日の場合は開館)観覧料一般1,600円(税込)高大生1,000円(税込)中学生以下無料アクセス情報バス:JR熱海駅よりバスで約7分
タクシー:JR熱海駅タクシー乗り場より約5分


<スポット情報>
MOA美術館
住所: 静岡県熱海市桃山町26-2
電話: 0557-84-2511


5.【神奈川県】5.乗り物で自然を見て感じる「箱根」で1泊2日の国内旅行


pixta.jp


続いて紹介するのは、都内に隣接する「神奈川」です。神奈川といえば工場夜景や横浜などの都会的なエリアがあったり、鎌倉や江ノ島、箱根などの小旅行気分を味わえるエリアがあったりと魅力が多くあります。

今回は1泊2日旅行におすすめな「箱根」の乗り物で楽しむ観光を紹介します。乗り物から見える箱根の自然を全身で感じましょう!


「芦ノ湖」の箱根海賊船で涼しげな風を感じる


pixta.jp


まず紹介するのは、芦ノ湖を悠々と運航する「箱根海賊船」です。箱根町港、元箱根港、桃源台港間で運行する箱根海賊船からは箱根の山々が見え、富士山が見えるスポットもあります。乗船中は心地よい風が吹き、箱根の澄んだ空気を全身で感じることができます。

周辺には箱根関所跡や箱根神社などの観光スポットもあるので、乗車前後に立ち寄るのもおすすめです!

所在地箱根町港:足柄下郡箱根町箱根161
元箱根港:足柄下郡箱根町元箱根6-40
桃源台港:足柄下郡箱根町元箱根164運行時間シーズンによって運行時間が異なるため公式HPよりご確認ください定休日無休運行料金片道運賃:大人1,200円(税込)子供300円(税込)
往復運賃:大人2,200円(税込)子供1,100円(税込)


箱根の山の四季折々の景色を見る「箱根登山鉄道」


pixta.jp


続いて紹介するのは箱根の山をジグザグ登る「箱根登山鉄道」です。注目のポイントは車窓から見える箱根山の美しい自然。四季折々で魅力を見せる箱根の自然を間近に感じることができます。

6月中旬ごろから開花を迎える紫陽花の時期には、「箱根登山鉄道」が名前を変えて"あじさい電車"として運行します。夜には、ライトアップされた紫陽花を徐行や停止しながら見る"夜のあじさい号"も運行。あじさいの夜の顔は幻想的で昼とはまた違う魅力があります。ぜひ初夏の時期限定の"あじさい号"に乗車してみてください!
所在地小田原市城山1-15-1小田急箱根ビル定休日無休乗車料金大人80円〜1,110円(税込)子供50円〜560円(税込)
※乗車駅によって運賃が異なります。詳しくは公式HPよりご確認ください


<スポット情報>
箱根登山鉄道沿線のアジサイ
住所: 神奈川県足柄下郡箱根町大平山
電話:



6.【山梨県】富士山が見える絶景スポットで山梨グルメと温泉を満喫「山梨市」


pixta.jp


続いて紹介するのは、富士急ハイランドなどの人気観光スポットやフルーツ狩りが有名な「山梨県」です。日帰りのバスツアーでフルーツ狩りに行けたり、新宿駅から富士急ハイランドへのバスが出ていたりと、都内からのアクセスは抜群!

今回は山梨県の山梨市にある観光スポットを紹介します。フルーツを食べて、絶景が見える温泉でゆったり寛げる魅力的な観光スポットです!


旬のフルーツをいただくなら「山梨県笛吹川フルーツ公園」


pixta.jp


まず紹介するのは、フルーツの生産量が多い山梨ならではの施設「山梨県笛吹川フルーツ公園」。こちらの施設では約130種類以上の山梨ワインが飲めたり、山梨のフルーツがカフェで食べられたりと、山梨の名産品を存分に堪能することができます。

全天候型屋内公園もあるので、気候に左右されることなく楽しめるのも嬉しいポイント!夏には子供たち大興奮の「アクアアスレチック」で水遊びもできます!子供から大人まで楽しめる「山梨県笛吹川フルーツ公園」へぜひ足を運んでみてください。

所在地山梨県山梨市江曽原1488営業時間9:00〜17:00定休日無休アクセス情報山梨市駅下車タクシー約7分、甲府から車で約40分


<スポット情報>
山梨県笛吹川フルーツ公園くだもの館・トロピカル温室
住所: 山梨県山梨市江曽原1488番地
電話: 0553-23-4101


富士山を眺める絶景露天風呂「ほったらかし温泉」


pixta.jp


続いて紹介するのは山間部に佇む温泉「ほったらかし温泉」です。こちらの温泉の魅力はなんと行っても露天風呂に浸かりながら楽しむ眺望。甲府盆地東部の景色がみれる"あっちの湯"と、富士山を正面にのぞむ"こっちの湯"の2つの露天風呂があります。

また「ほったらかし温泉」の展望テラスで提供される、絶品の「たまごかけごはん」500円(税込)は名物の一品。お風呂上がりに絶景を眺めながら、「たまごかけごはん」を食べてみてください!

所在地山梨県山梨市矢坪1669−18営業時間6:00〜22:00定休日無休入浴料大人800円(税込)小人400円(税込)アクセス情報中央道勝沼ICから車で約20分


<スポット情報>
ほったらかし温泉
住所: 山梨県山梨市矢坪1669-18
電話: 0553-23-1526



7.【茨城県】春夏秋冬の自然を感じるおすすめスポット「ひたちなか市」で1泊2日の国内旅行


pixta.jp


続いて紹介するのは、東京の北東に位置する「茨城」です。茨城といえば水戸納豆やアンコウ鍋などの大人が喜ぶグルメや、アクアワールド茨城県大洗水族館、シルバニアファミリーなどの子供が喜ぶ観光スポットのある場所です。

都内からのアクセスがよく日帰り訪れる方も多くいると思いますが、今回は1泊2日で訪れる茨城のおすすめ観光スポットを紹介します!


フォトスポットで映え写真を撮るなら「国営ひたち海浜公園」


pixta.jp


SNS映え間違いなしの「国営ひたち海浜公園」の花畑は写真好き大興奮の絶景!園内の"みはらしの丘"では、4月初旬から5月末の時期にネモフィラが華麗に咲き誇ります。その美しさは、どこまでも続く青色の絨毯は絶景そのもの。

3月には早咲きのスイセンや、ウメが綺麗な花を咲かせます。季節によって姿を変える「国営ひたち海浜公園」のインスタ映えな景色を撮影しましょう!

所在地茨城県ひたちなか市馬渡 字大沼605-4営業時間9:30〜17:00
※営業時間・休園日は季節により変動あり定休日火曜日
12月31日、1月1日
2月の第1月曜日からその週の金曜日まで
※営業時間・休園日は季節により変動あり入場料金【通常料金】
大人(高校生以上)450円(税込)シルバー(65歳以上)210円(税込)
小・中学生無料
【季節料金】※4月中旬〜5月上旬と10月中旬は季節料金
大人(高校生以上)7000円(税込)シルバー(65歳以上)460円(税込)
小・中学生無料
アクセス情報JR常磐線「勝田駅」よりバスで約15分


<スポット情報>
国営ひたち海浜公園
住所: 茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4
電話: 029-265-9001


1泊2日の国内旅行を楽しんで!


pixta.jp


1泊2日で行くことができる国内旅行のおすすめ観光地をご紹介しました。新幹線や車でのアクセスも良い旅先が国内には充実しています。日常の些事は忘れて、限られた時間の中でも十分楽しめる観光地で気分をリフレッシュしてみてください!

  • 6/6 12:46
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます