安田顕×山田裕貴の真剣な表情捉える『ハザードランプ』メイキング映像&ポスター到着

拡大画像を見る

『誘拐ラプソディー』、『捨てがたき人々』などの作品で注目を浴び、俳優としても活躍を続ける榊英雄監督が、オール福井ロケを敢行し、地方都市で代行ドライバーとして働く男2人の一夜の心の交流を描いた『ハザードランプ』が、2022年春に公開されることが決定。併せて、ティザーポスターとメイキング映像が解禁された。



代行ドライバーという様々な客を乗せる仕事に焦点を当て、夜の町の人間ドラマと男ふたりの奇妙な関係と因縁を、監督:榊英雄×脚本:清水匡という映画『アリーキャット』コンビが完全オリジナルストーリーで映画化した本作。主人公で代行ドライバーの須貝を演劇ユニット「TEAM NACS」メンバーで硬派な役から個性的な役まで幅広く演じることに定評のある安田顕、その相棒として一夜を共にする刈谷役を「ここは今から倫理です。」(NHK)の山田裕貴が演じており、数時間のうちに変化していく男たちの物語に深みを与えている。

今回、榊監督から演技指導を受ける安田さんと山田さんの様子を切り取ったメイキング映像が到着。身体や視線の動きに至るまで、細かな演技指導に真剣に聞き入る2人の様子を捉えている。


同時に解禁されたティザーポスターは初対面の2人がタッグを組み、これから初仕事に出かけようとするシーンを切り取ったもの。まだぎこちない距離を感じさせる2人だが、「満月が、人をひきつける」というキャッチコピーがこれから始まる“奇妙な一夜”を予感させる1枚となっている。


『ハザードランプ』は2022年春、全国にて公開予定。             

(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
ハザードランプ 2022年全国にて公開予定
©2022「ハザードランプ」製作委員会

関連リンク

  • 7/6 12:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます