『ハニーレモンソーダ』の濱田龍臣は語る「オーディションに落ち続けた時代を乗り越えて、今の自分がある」

拡大画像を見る

映画『ハニーレモンソーダ』で主人公の界(ラウール)の友人・高嶺友哉を演じた濱田龍臣さん。子役時代からキャリアが長い、若手の演技派である彼に、撮影の裏側とこれからの役者人生についてインタビューしました。オフショッット写真もお届けします!

『ハニーレモンソーダ』概要

2016年、少女漫画誌「りぼん」(集英社)連載開始から読者の心をつかんで離さない人気漫画「ハニーレモンソーダ」が、実写映画化。主演をアイドルグループSnow Manのラウール、ヒロインをディズニー・アニメーション「ラーヤと龍の王国」日本語吹替版で、ラーヤ役を圧倒的な演技力でこなした女優・吉川愛が務める。共演陣は、ラウール演じる主人公・界の親友役に濱田龍臣、坂東龍汰、吉川愛演じる羽花の友人役に岡本夏美、界の元カノ役に堀田真由。監督はKing&Princeの平野紫耀主演の『honey』、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧主演の『ピーチガール』を演出した神徳幸治。主題歌はSnow Manの「HELLO HELLO」。

『ハニーレモンソーダ』

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C)村田真優/集英社

『ハニーレモンソーダ』あらすじ

中学時代にいじめられ、何も言わず逆らわない「石」と呼ばれていた石森羽花(吉川愛)。しかし、高校では「自分を変えよう」と決心して入学。しかし、中学時代と同じようないじめにあってしまいます。そんな彼女を救ってくれたのは、レモン色の髪をした三浦界(ラウール)。クールで自由奔放、基本的に愛想はなく塩対応だけれど、独特のオーラを放ち、女子人気は抜群! そんな界が自ら「石森係」になり、羽花のことを気に掛けるように。二人の距離は次第に縮まっていきますが、界は誰にも言えない秘密を抱えていたのです。

『ハニーレモンソーダ』界(ラウール)と羽花(吉川愛)

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C)村田真優/集英社

濱田龍臣インタビュー

―映画『ハニーレモンソーダ』、とてもかわいい映画でした。濱田さん演じる高嶺友哉はあまり自分を出すタイプではないクールな男子でしたが、役作りで気を付けたことなどについて教えてください。

濱田龍臣さん(以下、濱田)
原作を読んだとき、友哉は界たちを俯瞰して見ているところがあり、あまり感情を口には出さないので、そんな友哉をどう表現していこうかと神徳監督ともお話ししながらキャラクター作りをしていきました。

監督から細かい指示はなかったのですが、界は人を惹きつけて、いつのまにか中心にいる人物だけど、そんな界の素顔を知りながらも、あれこれ言わずに支えているというスタンスを大事に演じてほしいというリクエストがあったので、物を言わずに秘密を共有している関係性を大切に友哉を作っていきました。

試写を見たときは、「こういう感じの映画になったんだ、青春だなあ」とちょっとニヤニヤしちゃいましたね(笑)。演技については手応えがあり、友哉として『ハニーレモンソーダ』の世界に存在できたと思います。でも、想像よりちょっとスカしていたかな(笑)。


―ラウールさんとは役について話し合ったりしたのですか?

濱田
いや、それはなかったですね。彼にとっては単独初主演映画ですから、かなり緊張していたと思うんです。僕が役作りについて話しかけてしまうと、ラウールの頭の中がパンパンになってしまうので、あえて役については話さず、それぞれ自分が思う界と友哉を演じていました。

『ハニーレモンソーダ』クールな友哉は界の親友

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C)村田真優/集英社

『ハニーレモンソーダ』友哉(濱田龍臣)と羽花(吉川愛)

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C)村田真優/集英社

撮影合間はキャストで写真を撮り合って青春していました!

―撮影では男子チーム(濱田さん、ラウールさん、坂東龍汰さん)と女子チーム(吉川愛さん、堀田真由さん、岡本夏美さん)がとても仲良かったそうですね。

濱田さん
本当に、キャスト、スタッフみんなが仲が良くて幸せな撮影現場でした。ずっと雰囲気よくいられたので、毎日楽しかったです。

スタッフさんから『ハニーレモンソーダ』のSNS用に写真を撮るように頼まれたので、キャストのみんなで写真の撮り合いもしましたね。坂東くんは自分の一眼レフカメラを持参したりして気合入っていたし、僕も自分のスマホで撮影したりして。仕事をしに来ているんだけど、本当に学生気分(笑)。学校にいるみたいな気持ちになりました。

『ハニーレモンソーダ』オフショット1

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C)村田真優/集英社

悟(坂東龍汰)と友哉(濱田龍臣)。にぎやかな悟と静かな友哉は正反対のキャラクター

『ハニーレモンソーダ』オフショット2

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C)村田真優/集英社

左から、悟(瀬戸龍汰)、羽花(吉川愛)、あゆみ(岡本夏美)、友哉(濱田龍臣)みんな可愛い!

『ハニーレモンソーダ』オフショット3

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C)村田真優/集英社

濱田龍臣さんのド寄りショット!ファンは狂喜乱舞ですね。

オーディションに落ち続けて自信を無くしたときに救われた言葉

―濱田さんのキャリアについてお話しを伺いたいのですが、子役時代から長くさまざまな作品に出演されていますが、ターニングポイントになった時期はありますか?

濱田
中学2,3年の頃、たくさんオーディションを受けていたんですが、なかなか役をいただけなくて、厳しい時期だったんです。すごくネガティブになってしまって、こんなに選んでもらえないのなら、もう自分はこの世界で必要のない人間なんじゃないか、役者をやめようかと思ったりしていました。

そんなことを口に出したら、父から「やめたいのなら、とっととやめろ!」と言われて、すごく悔しくて。でも、親にまで「やめろ」と否定的なことを言われ、逆に「やってやる!」と思ったんです。「やりたいからやってるんだ、やり続けてやる!」と。父に対する最大の反抗でしたね。「絶対に見返してやるんだ!」という気持ちでした。


―まだ中学生なのに、凄く激しい思いを抱いたのですね。

濱田
そうですね。でも、そんな風に「見返したい!」と言う気持ちで頑張ってオーディションを受けても、うまくいかないときはうまくいかなくて。でも、あるオーディションで出会った監督さんの言葉に救われました。

「オーディションは結果が出てしまうけど、勝ち負けの場ではないよ」と言われたんです。オーディションを受ける立場としては、落ちたとか受かったとか気にしてしまうけど、不合格の理由は、演技の良し悪しだけが理由じゃないと。そのとき、合格できなくても、自分としていい芝居ができたという手応えがあれば、何かに繋がっていくかもしれない。「自分は頑張っていいんだ、やり続けることは無駄じゃないんだ」と思えたんです。

『ハニーレモンソーダ』

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C)村田真優/集英社

子供の頃からのヒーロー、ウルトラマンになった!

―そのときからネガティブな気持ちがポジティブに変わっていったんですね。

濱田
はい。高校生になってからオーディションにも前向きに臨めるようになり、そんな時に決まったのが、幼いころから僕のヒーローである「ウルトラマン」の仕事でした。2017年のテレビシリーズ『ウルトラマンジード』で、ウルトラマンジードに変身する朝倉リク役を演じさせていただいたのですが、ずっと自分が憧れていたウルトラマンに自分がなり「今度は僕が憧れの対象になるんだ」と、凄く興奮しました! いまでも「ウルトラマン」関連の仕事をたびたびやらせていただく機会があり、僕のウルトラマン愛が、ファンの皆さんに伝わればいいなあと思いながら演じています。


―将来はどのような俳優になりたいですか?

濱田
子役時代に共演したことのある俳優さんたちと再び共演して、成長した濱田龍臣を見ていただきたいし、初めて共演する方たちには、「いいお芝居するね」と思っていただけるように頑張りたいです。

まだ20歳の若輩者なので、今は持てる力をすべて出し切ってお芝居していますが、もっと引き出しを増やしたいですね。インプットとアウトプットが上手にできる俳優になって、観てくださる人の心を動かせるお芝居ができるようになりたいです。

『ハニーレモンソーダ』

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C)村田真優/集英社

『ハニーレモンソーダ』は、素敵な青春がたくさんつまった映画です!

―最後に『ハニーレモンソーダ』を楽しみにしている映画ファンへメッセージを。

濱田
僕が好きなのは、界や羽花ちゃんたちと海へ繰り出すシーン。みんながお互いの気持ちを確かめ合うような場面なんです。このシーンはすごくキラキラしていて「ああ、青春だな~、こういう青春を過ごしたかったなあ~」と、うらやましくなりました。僕の学生時代は、ひたすらゲームと向き合っている青春だったので(笑)。

本当に高校時代の素敵がつまった映画です。観てくださる方にも「素敵な青春だな」と思っていただきたいし、その思いを共有できたらうれしいです。


『ハニーレモンソーダ』

(C)2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (C)村田真優/集英社

濱田龍臣(はまだ・たつおみ)
2000年、千葉県生まれ。2010年、子役としてNHK大河ドラマ「龍馬伝」、「怪物くん」(日本テレビ)に出演して注目を集める。2017年、念願だったウルトラマンシリーズ「ウルトラマンジード」に主演。そのほか映画は、三谷幸喜監督作『記憶にございません!』(2019)、『記憶屋 あなたを忘れない』(2020)『ブレイブ-群青戦記-』(2020)など。

『ハニーレモンソーダ』
(2021年7月9日公開)
監督:神徳幸治
原作:村田真優「ハニーレモンソーダ」(集英社りぼん連載中)
出演:ラウール(Snow Man)、吉川愛、堀田真由、濱田龍臣、坂東龍汰、岡本夏美

関連リンク

  • 7/5 12:00
  • 映画board

スポンサーリンク

ニューストップへ戻る

記事の無断転載を禁じます