東京五輪も影響? 6月末段階の内々定率、昨年を12ポイント上回る74.8%

拡大画像を見る

6月末時点での「内々定率」が74.8%と、昨年同時期と比べ12ポイント上回っていたことが、転職情報サイトを運営する学情の調査でわかった。内々定率は5月末から8.2ポイント上昇。現在就職活動をしている人は44.8%で、半数以上が就活を終了していた。

調査は6月25日~30日、ネット上で実施、2022年卒業・修了予定の大学生・大学院生563人から回答があった。

なぜ増加?

6月末時点の内々定率が昨年と比べ、大幅にアップしていた理由は何だろうか? 学情の担当者は「景気回復の兆しを受けて、企業の採用ニーズが高まっている」と指摘する。

コロナの影響は落ち着いてきていて、「昨年は採用を中止・縮小した企業も、新卒採用を再開している傾向がある」(同)という。

また、企業での感染症対策が進み、採用活動もスムーズになった。「WebセミナーやWeb面接を取り入れたり、感染症対策をしながら選考中一度はリアル選考を実施するなど、コロナ禍でも採用活動を進められている」(同)という。

さらに、今年は東京五輪の影響で、採用活動が「前倒し」になっている側面もあるという。開催期間中は「リアル面接」が実施しにくいと想定される。学情では「7月下旬は、説明会や選考を実施しにくいことを見据えて、企業は早めに選考・内々定出しを進めていると考えられます」と分析する。

理系は「8割超」

内々定を獲得した数(累計)は、「1社」(38.0%)、「2社」(26.2%)、「3社」(16.8%)、「4社」(10.2%)だった。

内々定を得た企業に応募したきっかけは「就職サイトで知って」(60.8%)が最多。

他には「就職サイトが主催するイベントで話を聞いて」(17.7%)、「企業のホームページを見て」(16.4%)、「インターンシップに参加して」(15.5%)などが挙げられた。

また、内々定率の文理別は、理系が83.3%と8割超え。文系の70.4%と比べて12.9ポイント上回った。

学情は「DX推進など、エンジニアの採用意欲は高止まりが続いています。デジタル領域やITに精通した人材の採用ニーズは、メーカーにとどまらず、幅広い業界で理系学生の採用意欲が高くなっています」と解説していた。

関連リンク

  • 7/6 11:53
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • マリン

    7/7 9:56

    内定率、ずいぶん回復しているんですね。そんな感じはしないけれどな。

記事の無断転載を禁じます