視聴者が自由に発言できるオンライン会議ソフト、8月末まで無料公開

拡大画像を見る

 ICブレインズは7月5日、どんなビデオ会議システムでも利用可能な双方向集計システム「Socratecスマホ」を開発したと発表した。8月末まではすべての機能を無料で利用でき、9月初旬の有償版リリース後は同時接続数20人まで無料。21人以上40人までは初期費用2万2000円、月額3300円での提供を予定する。

 Socratecスマホは、PowerPointのみで使用可能で、プレゼンテーションの資料作成から視聴者が投票するための画面の表示に必要なURLの発行まで、すべてPowerPoint内で実行できるので、最短5分で全作業が完了する。
 また、作成したPowerPointファイルをスライドショーとして実行するだけで起動するので、PowerPointと特別なアプリケーションを切り替える必要はない。
 ビデオ会議の視聴者は、特別なアプリなどをインストールすることなく、PCやスマホからウェブブラウザ経由で投票が可能で、投票画面にはURLも貼れるので、回答後のアンケートへの誘導や参考資料への案内もできる。
 設問は、多肢選択式だけではなく、視聴者が思ったことを自由に発言して、それをリアルタイムでスライドショー上に表示させることも可能で、集計結果はCSVファイルとして出力できる。後日講演会に関する資料の作成や回答の管理などに使える。
 さらに、投票を締め切り後、ほぼ瞬時に結果をスライドショー上に表示可能なため、タイムロスがなくストレスフリーな講演会を実現できる。
 デザインは、PowerPoint上で自由に変更可能で、カスタマイズ依頼にも柔軟に対応する(別途費用が発生する場合もあり)。
 対応OSはWindows 7以降で、Microsoft PowerPoint 365(デスクトップ版)、または2016以降が必要。

関連リンク

  • 7/6 11:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます