見極めが大事!男性が言う「好き」と「付き合って」は同じ意味なの?

拡大画像を見る


男性から「好きだよ」と言われたら「じゃあ今から彼氏彼女の関係なの?」と思うことがありませんか?「好きとは言われたけど付き合ってとは言われていないからどうしたらいい?」と感じることもありますよね。
女性は「好き=付き合って」という意味合いを持たせることが多いですが、男性の場合はどうなのかについて見ていきましょう。


同じ意味で使うこともある

好きだから付き合ってほしい、という意味を込めての好きというものがあります。付き合うことを目的としてあなたに好きと伝えているため、この場合は「付き合うってこと?」と聞いたら「うん」と言われるでしょう。
好きと言って相手が受け入れてくれたら、それが付き合うということに繋がると思っている男性は少なくありません。不安なときは、付き合うかどうかまで言葉でしっかりと確かめることをおすすめしますよ。


相手の反応が見たい

とりあえず好きと伝えたときに、相手がどう反応するのかが見たいという男性心理があります。つまりは、付き合ってとまでは伝えていないと本人も思っている状態ですね。
好きと伝えたときに相手がいい反応をしてくれたら、付き合ってほしいと言うでしょう。微妙な反応だと思ったり、反応が分からないと思ったりしたときは付き合っては保留にする可能性もありますよ。


今持っている好意を伝えたい

とにかく今自分が持っている相手への好意を伝えたいという気持ちから「好き」と言うこともあります。好きと伝えていたら、自分が恋愛感情を持っていることを相手に知らせることができますね。
とにかく好きであることを伝えてワンクッション置きたいのでしょう。付き合えたら嬉しいけど、今はそこまで考えていなく段階を踏みたいと思っている可能性も高いですよ。


恋愛感情はない

好きと言っているのに恋愛感情がないパターンもあります。例えば、「そういう考え好きだな。」などの好きです。これは、人として好きという意味であって、恋愛対象ではないと捉えたほうがいいでしょう。
「好き」と言われるとドキッとしますが、相手はそんなつもりがないことのほうが多いですうよ。そのため、尊敬はしてくれているけど発展はないという関係になりがちです。


好きと言われたら男性心理を見極めよう

男性の「好き」には色んな意味が込められています。どういう意味での好きなのかを見極めて「付き合う」に繋がるのかチェックしてくださいね。(みいな/ライター)(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/6 11:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます