SHOW-YA・寺田恵子、マツコにガールズバンドの魅力を語る!

拡大画像を見る

女性5人組ロックバンド・SHOW-YAの寺田恵子が、7月6日に放送される『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)に出演。「ガールズバンドの世界」をマツコ・デラックスに語る。

SHOW-YAは、1985年にデビューし、一度は解散したものの再結成を果たし、現在も精力的に活動を続けている。寺田はデビュー当時を振り返り、日本のガールズバンドは“男性バンドとアイドル歌手の狭間でもがく存在”だったと話す。SHOW-YAもデビュー時は、ポップスバンド路線で売り出されたという。

番組では女性だけで組まれ「ガールズバンド」として打ち出しているバンドに絞り込み、1977年を創成期として歴史を振り返る。さらに、レジェンドとして現在も活躍しているSHOW-YAの栄光と、バンドを一度離脱している寺田のその経緯、解散から再結成までの激動の日々が芸能界の時代背景と共に語られる。そして2021年の今、輝いている「ガールズバンド」をたっぷりと紹介。スタジオには若者世代の代表として女性5人組バンドNEMOPHILAのSAKIが登場。寺田が後輩として可愛がるSAKIに新時代の「ガールズバンド」とその魅力を聞く。

寺田は「私たちはデビューからずっと戦いの日々でした。迷った時も多々ありました。今の子たちは自分たちがやっと手に入れた物を全部持っている。テクニックやサウンドが凄いだけでなくみんな可愛さを持っている。魅力的な子たちばかりですので皆さんにもっと知って欲しい」と、後輩のガールズバンドをPRする。マツコは「とにかく寺田恵子さんは“威嚇”がスゴイ。若い子たちに寺田姉さんの“威嚇”を真似するのは無理だとは思いますが、もう少し出してもいいかな」とSAKIに話すと、寺田は「SAKIはもっと自分を出していい。見せなさい。私は目の前の男を落とすつもりで勝負してきた。使えるモノは全て使え! 武器を活かせ」と煽る。

「ガールズバンドの世界」で常にトツプを走り続ける寺田ならではの歯に衣着せぬトークでスタジオは大盛り上がり。そんな中、寺田に促されてSAKIがギターの速弾きを披露する場面も。NEMOPHILAのほかにも、寺田が後を託す次世代のガールズバンドが続々と登場する。

なお先週の放送では、ココリコの田中直樹が「サメ動画の世界」を語ったほか、「冷凍・チルドピザの世界」で1日2万枚売れた冷凍マルゲリータや具材にとことんこだわった新鮮チーズピザ&黒毛和牛ピザなどが紹介された。

関連リンク

  • 7/6 11:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます