ベッカム夫妻が22回目の結婚記念日迎える 公開した思い出の写真にファン「2人が築き上げたものは素晴らしいお手本」

拡大画像を見る

デヴィッド・ベッカムとヴィクトリア・ベッカムが1999年7月4日にアイルランドのルトレスタウン城で豪華な結婚式を挙げてから、22年目を迎えた。結婚記念日となった英時間4日、夫妻は過去の写真や動画を公開し、これまでの思い出を振り返った。

デヴィッドが自身のInstagramに投稿したのは、1999年の結婚式以来、夫妻がお揃い色の服を着ている数枚の写真だ。

「22年経った今も、お揃いの服を着ている。記念日おめでとう。とても愛してるよ。僕に素晴らしい子供達を授けてくれてありがとう。これで僕達全員がお揃いの服を着られるよね。」

そんな冗談を交えた祝福メッセージを記しているが、夫妻がお揃いのパープルの衣装を着た結婚式のレセプションパーティでの様子や1999年に撮影された黒いレザーのジャケット姿など懐かしい写真が見られる。

ほかにも夫妻の別荘がある英コッツウォルズ地方でのカントリー風の装いや、白とブラウンの色調でコーディネートした姿も披露した。

そして最後には、2020年のクリスマスに公開した家族の写真も加えられた。夫妻と長男ブルックリン(22)、次男ロメオ(18)、三男クルス(16)、末っ子ハーパーちゃん(9)の6人がお揃いの黒いパジャマを着て寄り添う微笑ましいファミリーショットだ。

一方でヴィクトリアは、自身のInstagramで貴重なプライベートビデオのコンピレーションを公開し「愛してるわ、デヴィッド。記念日おめでとう」との言葉を添えた。

動画は結婚式のレセプションでダンスをする姿からスタート、ハグをする熱々な様子や子供達と過ごす姿など夫妻の思い出深い瞬間を集めたものだ。

ベッカム夫妻の投稿には、ハートの絵文字や「結婚記念日おめでとう」といった祝福メッセージが寄せられたほか、このような声も届いた。

「最高のカップルであり、ロールモデルだ。」
「ゴージャスなファミリー!」
「素敵なカップル、記念日おめでとう。2人が築き上げたものは、全ての人々にとって素晴らしいお手本よ。」

夫妻の長男ブルックリンは、自身のInstagramストーリーでデヴィッドが公開した写真を共有し、「記念日おめでとうパパとママ。愛してるよ」とメッセージを送っている。

この投稿をInstagramで見る

Victoria Beckham(@victoriabeckham)がシェアした投稿

画像は『David Beckham 2021年7月4日付Instagram「22 years later, still matching outfits」』『brooklynbeckham 2021年7月4日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連リンク

  • 7/6 10:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます