「墓参りに来るヒマがあれば…」仰木監督夫人が中村紀洋を奮い立たせた言葉

拡大画像を見る

 元プロ野球選手・中村紀洋氏といえば、1991年、ドラフト4位で近鉄バファローズに入団。2000年には本塁打王と打点王の二冠を獲り、翌01年にも打点王に輝く。05年には、オリックス・ブルーウェーブが近鉄バファローズを吸収合併したことにより、オリックス・バファローズと改名。中村氏は一度日本を離れ、MLBに…。しかし、06年には帰国し、オリックス・バファローズ、中日ドラゴンズ、楽天ゴールデンイーグルス、横浜DeNAと渡り歩き、日米通算2106安打で名球会入りを果たしている。

 その中村氏が、スポーツバラエティ番組「こやぶるSPORTS超」(関西テレビ)のYouTubeチャンネル〈【こやぶるSPORTS超】チャンネル カンテレ公式〉に出演。MLB挑戦時、アメリカでテストを受けた際、近鉄時代の恩師である故・仰木彬監督が、中村氏の晴れ舞台を見ようと、中村氏に内緒でベンチの陰から現れたといった驚きのエピソードとともに、05年12月の仰木監督の他界後、MLBから戻った中村氏が九州にある仰木監督の実家を訪れ手を合わせようと仰木監督の妻に連絡したところ、感涙モノの言葉が返ってきたという体験を明かした。

 同チャンネルの6月25日付け投稿回を観ると、仰木監督夫人の返答は、こんな言葉だったという。

「来なくていいですよ。仰木は(中村氏の)気持ちをわかってます。『来るヒマあったらバット振れ』って言ってると思います。1年でも多くユニフォームを着てる姿を見せたってください」

 これを聞いた中村氏は、その瞬間、「死に物狂いで頑張ろう」と決意したという。人柄で慕われる仰木監督の妻もまた、夫と一心同体のような人の心をつかむ、頭の下がるような人格の持ち主であったことがわかった。仰木監督にまつわる深い話であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 7/6 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます