本格オンライン・アート講座「TOTAL ARTS STUDIES(TAS)プレミア」が申込み開始

拡大画像を見る


「AIT(エイト)」が手がける先進的アートスクールプログラム「MAD(Making Art Different)」がリニューアルし、本格オンライン・アート講座「TOTAL ARTS STUDIES(TASタス)プレミア」の申込みを7月5日(月)から開始した。また、初回講座の6本の講座動画も公開中だ。

横断的で先進的なスクールプログラム

2001年の設立以来、既存のアート系教育施設とは異なる横断的で先進的な独自のスクールプログラム「MAD(Making Art Different)」を約20年に亘り開催してきた「AIT」。

今回、SDGsに密接に関わる分野を芸術の表現や実践を通して学ぶことができる「TOTAL ARTS STUDIES(TAS)プレミア」コースをスタート。アートを通じた社会貢献を人生に取り入れたい人や、アートの教養を身につけ2020年代の荒波を乗り越えようとするすべての人に向けた講座だ。

アートの視点でSDGsの多角的な考えが学べる

同プログラムでは、21世紀におけるアートの視点で、気候変動にまつわる海外の動向や研究、メンタルヘルスと芸術家の実践、芸術と医療・福祉、子どものウェルフェアなど、SDGsについての多角的な考えが学べる。

自分の予定にあわせて視聴し、90〜120日間振り返りも可能。インストラクターやメンバーと交流したい人向けの特典イベントも開催されるなど、フレキシブルな参加形態だ。

プランは「ベーシック」3,300円(税込)、経済的な理由で参加が難しい人に向けた割引プラン「アシスト」1,650円(税込)、アシストを支える寄付プランで視聴期間が120日間に延長される「ラヴ・シュプリーム」5,500円(税込)の3コースで、7月より3カ月ごとに配信予定。

シリーズ1

シリーズ1は「危機と崩壊の時代にアートができること – What Art Does in Times of Collapse and Crisis」。シリーズ1では、「崩壊」の状況を理解するレクチャーと、哲学や美学、スピリチュアルの領域と関係する20世紀の4人のアーティストの考えや作品を紹介し、地球システムと意識の崩壊について学ぶ。

詳しい講座内容や講座のサンプル動画、7月21日(水)18:30〜19:30にオンラインのAIT Zoom ルームで無料で参加できるTASオープニング・オンライントークイベント「地球システムの崩壊と今のアート・シーン(仮)」の詳細などに関しては、「AIT」公式サイトでチェックしてみよう。

「TOTAL ARTS STUDIES(TAS)プレミア」
スケジュール:7月より、3ヶ月ごとに配信予定
プラン内容:1シリーズ(合計6本)のオンラインレクチャー動画申込みより90日間、何度でもアクセス可能※「ラヴ・シュプリーム」は120日間
特典:参考文献リスト付き、メンバー同士のコミュニティサロン(無料)、インストラクターとのライブ・オンラインゼミ「グループ・エクササイズ」(別途料金・定員あり)

  • 7/6 9:40
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます