更年期障害になった46歳男性の本音「イライラして妻に当たってしまう」

拡大画像を見る

 実は男性にとっても無縁とは言えない「更年期障害」。運動やコミュニケーションの不足、ストレスなどによって男性ホルモンが減少することが原因だという男性更年期障害。

 前回の記事では妻の立場から「夫が男性更年期かも……」と感じている事例を紹介しました。今回は、実際に現在男性更年期障害を治療している男性に話を聞いていきたいと思います。

◆男性更年期だと分かってホッとした

「もともと男性更年期の存在は知っていたので、受診する前からある程度予想はしていました。でも、ただサボってるだけ、精神的に弱いとか自分が悪い、と自責がちになっていたのが、病気が原因と診断されたおかげでホッとしました

 そう語ってくれたのは、兵庫県明石市で整骨院を営む福家正輝さん(46歳)。ひどい苛立ちから家族にあたることが増え、やらなければいけない仕事も出来なくなったことや、寝付けず睡眠不足で体調を崩すことが増えてきたことをきっかけに、男性ホルモンの検査を決意したのだとか。

◆家族が自分の顔色をうかがっているのがわかる

「怒るようなことでもないのに怒ってしまうんです。些細なことに対してイライラする気持ちを抑えられず不機嫌が続いて、子どもに対してきつく怒ってしまうようになっていました。妻との軽いやり取りも口論に発展してしまい、家族が自分の顔色をうかがっているのがわかるんです。そんなイライラする自分に、自己嫌悪して余計に落ち込んでしまって……

 福家さんに男性更年期の症状が出始めたのは40歳ごろ。しかし、実際に検査を受けたのは約5年後。月日が経つ中で、自己嫌悪は深まっていってしまいました。

◆一人でいると涙が出てくることも

「仕事に関しても動き出しに時間がかかるようになりました。苦手な事務仕事を溜めこんでしまったり、ノロノロ、ダラダラとしてしまうんです。仕事をしないので関係先にも迷惑をかけていました」

 自身への不甲斐なさから一人でいると涙が出てくることもあったという。

「ダメな自分が気になってずっと落ち込んでいました。一人でいると涙が出てきて、以前はできたのに今できないことに落ち込みました。落ち込む自分に対して更に落ち込んで、悪循環にハマっていましたね」

◆現在はホルモン注射を2週間に1回

 現在は、診断を受けた泌尿器科で、ホルモン注射を月1~2回のペースでしてもらっているという福家さん。

「先生曰く、保険でできる治療なのでそれほど強い薬ではないとのこと。体調と相談しながら徐々に回数を減らして、最終的には打たなくても大丈夫になるのが理想だそうです。ですが、体感としては2週間以上間隔が開くと、気分が落ち込みやすくなったり、エンジンの掛かりが悪くなったりと、体調が悪くなるので、2週間に1回してもらっています」

 そのほかにも「睡眠時間をしっかり取る」、「筋トレで全身を大きく動かす」ことなども行いながら、男性ホルモンの出やすくなるよう対策を行っているそう。

◆ネガティブになっていくのはとても辛く不幸なこと

「更年期というと女性だけのイメージだったり、単なる老化なのではという印象だったりがあるかもしれません。でも、治療しなければしんどい時間がずっと続くし、しかも少しずつ悪くなります。そのせいで周りからの評価も自分自身の肯定感もどんどん下がり、ネガティブになっていくのはとても辛く不幸なことです。

今現在少しでも気になるなら、採血で男性ホルモン数値を調べるだけの簡単な検査で判断できるので、まずは病院を受診されることをオススメします。更年期とわかればすぐに治療に取りかかれるし、違うなら心療内科など別のやり方を考えればいいだけですから」

 更年期は男女問わず誰にでも起こりうること。少しでも思い当たることがあるならば、受診を視野に入れたほうがよさそうだ。

<取材/黒田知道 文/女子SPA!編集部>


関連リンク

  • 7/6 8:47
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます