デンベレ&グリーズマンが侮辱発言を釈明し謝罪「日本の友人たちを怒らせたなら申し訳ない」

拡大画像を見る

 バルセロナに所属するフランス代表のFWウスマン・デンベレとFWアントワーヌ・グリーズマンが5日、日本人への侮辱的な発言についてそれぞれ釈明し、謝罪をした。

 今月2日に、デンベレとグリーズマンが日本人を侮辱していると思われる動画が流出し、ネット上で拡散されて物議を醸していた。映像は2019年夏にデンベレが日本で撮影したもので、ホテルの部屋でテレビゲームをプレーする際、テレビなどの設定を手伝う現地スタッフの容姿や言語を侮辱するような場面が収められていた。

 これを受けてデンベレは自身のInstagramのストーリーズ機能で声明を掲載。「この数日、2019年のプライベートの映像がSNSに出回っている。今回の場所は日本だったが、僕はどこであれ同じような言葉を使うため、世界のどこでも起きうることだ」と説明し、「特定のコミュニティに向けたものではない。プライベートでは友達でも相手がどこの国の人でも今回のような言葉を使うことがある」と差別の意図を否定。「この動画が公開され、映像内の人たちが傷つくかもしれないことを理解している。そのため、彼らには心からお詫びしたい」と謝罪した。

 また、グリーズマンは自身のTwitterで「僕は常にあらゆる差別に反対してきた。この数日、僕を本来とは違う姿に見せようとしている人たちがいる。僕は、僕に対する非難に断固として反論する」と反差別の姿勢を強調。続けて、「日本の友人たちを怒らせたのなら申し訳ない」と謝罪した。

関連リンク

  • 7/6 5:08
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます