道端の美しい花の香りを嗅いだ女性、猛毒「悪魔の吐息」の原料であったと知る(米)

拡大画像を見る

カナダのオンタリオ州トロント在住のシンガーソングライター、ラファエラ・ウェイマンさん(Raffaela Weyman)が、衝撃の出来事を自身のTikTokにシェアした。

6月末の米ロサンゼルス旅行の最中、ラファエラさんは親友と一緒に友人の誕生日パーティへ歩いて向かっていた。その道中、黄色く可愛らしい花を見つけたので友人と匂いを嗅ぐ様子をInstagramストーリーに投稿した。

「今まで、こんな花はカナダでは見かけたことはなかったわ。とても大きくて綺麗だった。だから思わず匂いを嗅いでしまったの。」

ラファエラさんと親友はパーティ会場に到着したものの、すぐに帰る羽目となった。ほんの少しワインを飲んだだけで、ひどく酔っぱらってしまったのだ。

「ひどく錯乱してうまく会話ができなくなったの。一緒に来た友達もね。」

ラファエラさんはすぐに眠りに落ち、今までにないほどの奇妙な夢を見て、人生で初めて金縛りにあったという。

夢の内容についてラファエラさんは次のように語っている。

「部屋に黒い洋服を着た見知らぬ人が入って来て、私に何かを注射してきたの。そのせいで話すことも動くことも、叫ぶこともできなかったわ。横たわって、ただひたすら小さなうめき声をあげていた。その後、なんとか夢から覚めて、体を動かし声を出すことができるようになったの。夜中の3時頃、再び眠りについたのだけど、その後もおかしな夢をたくさん見たわ。内容は覚えてないけど、とても鮮やかな感じで、豊かな色彩を持った夢だった気がするわ。」

翌朝に目覚めると、ラファエラさんはInstagramストーリーに彼女の身を案じるメッセージが届いていることに気付いた。

「その花は本当に猛毒なのよ! あなた大丈夫なの!?」

驚いて花のことを検索すると、衝撃の事実を知った。何気なく匂いを嗅いだその花は「エンジェルトランペット(キダチチョウセンアサガオ)」と呼ばれており、幻覚症状、麻痺、記憶喪失等を起こすアトロピンやスコポラミンといったアルカロイド系の有毒成分を含んでいたのだ。これらの成分を摂取すると、最悪の場合は死に至る可能性すらあるという。スコポラミンは気管支喘息や乗り物酔い等の治療に使用される一方、南米コロンビアではブルンダンガ、または「悪魔の吐息」の異名を持ち、無味無臭であることから近年では飲み物などに混ぜることで窃盗や性犯罪にも多く利用されている。米国国務省によると、コロンビアではこのスコポラミンが原因で年間5万人が病院に運ばれているという。

ラファエラさんの投稿に対してフォロワーは、

「なんてこった! 無事で本当によかったよ。」
「この花、うちの庭にもあるんだけど…。」
「すごく勉強になったよ。」
「どんな匂いがしたかちょっと気になっちゃうかも。」

とコメントしている。

この投稿をInstagramで見る

* *(@songsbyralph)がシェアした投稿

画像は『songsbyralph 2021年6月27日付Instagram「12 days til GRADIENCE!」』『SongsByRalph 2021年6月25日付TikTok「When the flower turns on you」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 May)

関連リンク

  • 7/6 5:02
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • りぇし

    7/7 12:41

    別にこの女の人達じゃなくても、知らない綺麗な花を見て、ついクンクンと香りがどんななのかやってしまいますね。今回は毒花とは知らず運が悪かったとしか。

  • 花の香りを嗅ぐからといって、花に顔をつけるようにするのは品がない。手で扇いで嗅ぐのが正しい。

記事の無断転載を禁じます