ショック…!男性が実は傷つく【LINEでのひとこと】って?

今回紹介するのは、男性が実は傷つく「LINEでのひとこと」についてです。
男性は具体的にどんな言葉に傷ついてしまうのでしょうか。

深く傷つくとトラウマになってしまうこともあるので、発する言葉には気をつけて。

(1)もっと男らしくなってよ


ナヨナヨしている姿に我慢ができなくなり「もっと男らしくなってよ!」と言ってしまう。
男性は女性から「頼りない」と言われたように感じてショックを受けるのです。

他にも「男のくせに」という言葉も使わないようにしましょう。
頼りないと思うなら、いいところを褒めるなどして男らしさが高まるようなアプローチを。

(2)友達の彼氏が羨ましい


男性は基本的にプライドが高いから、他の異性と比べるようなことはしてはいけません。
しかも彼にとって特別な存在であるあなたからの言葉となるとショックも大きいです。

羨ましい思いは心の中にとどめ、友達の彼氏の年収や容姿、性格などを褒めすぎないように。
あなたの彼氏にだって、友達に自慢できるようなステキな魅力があるはずですよ。

(3)もう疲れてしまった


「一緒にいることが疲れたな……」と思って、別れたくなることがあるでしょう。
でも、この言葉は彼自身をまるまる否定するような言葉なので使わないほうがいいです。

たとえば、「他に好きな人ができた」などあなた有責で別れるようにします。
そのほうが後に残る傷も浅く、男性は諦めもつきやすいでしょう。

(4)前の喧嘩でもさ……


友達の彼氏と比べないという話をしましたが、以前の出来事との比較もしてはダメです。
女性でしがちなのが、「前の喧嘩でもさ……」と解決したはずのことを掘り返すこと。

もう終わったことでしょ?と男性をイライラさせてしまうのです。
もし前の喧嘩の件でハッキリさせたい思いがあるならもう一度話し合いましょう。

そして、お互いに着地点を見つけて解決に至ったなら、もう今後は引き合いにださないことです。


気軽になんでも言いやすい彼氏だから、ついつい傷つく言葉を言ってしまうのかも。
文字でのやり取りということもあって、言いやすい環境が整っているのでしょう。

「この文面を彼氏に送ったらどう感じるか」を常に考えながらやり取りしてください。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/5 20:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます