日本最古の通貨、家族写真、娘からのプレゼント…お金には替えられない大切な“お宝”とは?

拡大画像を見る

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(だれはな)」。7月5日(月)の放送では、“みんなの家に眠るお宝”をシェアしました。


パーソナリティの山崎怜奈



世の中をザワザワさせているニュース“ザワニュー”のなかから気になるものをピックアップする「スピークアップ」。この日の議題は“ダレハナお宝鑑定団 あなたのお宝教えて!”。高額のお宝やなかなか手に入らないレアなもの、さらにはいくら積まれても譲れない個人的なものまで、この日はみんなの家に眠る“お宝”を大募集。

ちなみにれなちの“お宝”は、学生時代に彼女の曲を聴いて何度も救われたというYUIさんのサイン入りアルバム。自宅の神棚的な場所に置いて、毎日眺めていると言います。

リスナーからは、「古いお金。1番のお気に入りは日本で最初の流通貨幣である和同開珎(わどうかいちん)。祖父からもらったもので大切に保管している」「中学のときにアメフトのプロリーグNFLを観て以来、いつかは生で観戦したいと思っていた。NFLの頂上決戦『スーパーボウル』のチケットの半券」といった意見が。

さらに、「電車の車掌さんからもらった下敷き。小さい頃、駅のホームで電車を見ていたときに車掌さんにもらい、『大きくなったらウチに入社しなよ』と言われた。そして現在、私は夢を叶え、同じ会社で車掌をしている」とのメッセージには「スゴい、鳥肌が立っちゃった!」と感動するれなち。「下敷きをくれた車掌さんも嬉しいでしょうね。(その車掌さんと)出会えたのかな!?」と興味津々です。

また、「成人式で撮った家族写真。ウチはあまり家族写真を撮らず、あるのは昔のものばかりで新しいものがほしかった。願いが叶ってうれしかった」や「大学入学のとき、小学1年生だった弟からもらった手紙。『だいがくがんばって』と書いてあり、“ば”が反転するなどツッコミどころはたくさんあったが、弟が一生懸命書いてくれたことがうれしかった。いまでも大切にしている、お金に替えられない宝物」という素敵なメッセージも。

そのほかにも「少年野球の大会でMVPになったときにもらったトロフィー」「友達がお店を出す以前、お金を貯めるべくキッチンカーで頑張っていた頃のメニュー表」「さまざまな駅のスタンプでいっぱいの青春18きっぷ」「妻にもらった銅製のタンブラー」などさまざまな“お宝”にまつわるメッセージが寄せられるなか、最後にはこんなものも。

「娘からもらった『お父ちゃん』と彫ってある箸。彼女が中1のときに出会い、その後お父ちゃんにしてもらい、思春期・反抗期を経て今年社会人として働き始めた娘が手紙とともに贈ってくれた。紆余曲折あり、もう戸籍上は親子ではないが、娘の思いに涙してしまった。年に数回、焼肉に連れて行かされるのは仕方ない」とのメッセージにれなちも「いろいろありますよね」としみじみ。

この日もリスナーからはたくさんのメッセージが届き、れなちはモノや場所、さらには音楽などに思い出は宿るものだと再確認。そして、「そういった思い出を覚えているのはご自身だと思うので、しっかりと抱きしめて一緒に生きていきたいですね」と語り、「素敵なメッセージありがとうございました!」とみんなに感謝していました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年7月13日(火) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/

関連リンク

  • 7/5 20:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます