坂上忍 都議選、菅自民の五輪問題スルー指摘「票逃げる。もういい加減、気づいて」

拡大画像を見る

 坂上忍が5日、「フジテレビ「バイキングMORE」で、自民圧勝予想が覆った4日の東京都議選の結果について、東京五輪・パラリンピックに関して都民ファが無観客を主張した中で、自公が公約で触れなかったことを指して「逃げるような姿勢」と指摘した。

 都民ファが劣勢を覆した形に小池さんのある程度のパフォーマンスは影響あったのかなと思うんだけれども」としたうえで、自民について「有権者が変わりつつあるのは、ここで大事な問題から逃げるような姿勢。これが一番デカいと思うんですよね。本質じゃないですか、ここ」と分析した。

 重要問題をスルーする政治手法について「無党派が多いといわれている中で、ある意味消去法みたいな所もある。やっぱりネガティブな方が目立って、こういうやり方するんだったら、票がよそ逃げていくというのは、もういい加減、政治家も気づいてくれないと。バレますよというのを自覚して」と求めた。

関連リンク

  • 7/5 18:16
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます