益若つばさの「増量難しい」発言が世の女性の反感買う「ケンカ売ってんのか?」

拡大画像を見る

 モデルの益若つばさが6月28日に自身のツイッターアカウントを更新。増量することの難しさを痛感しているという。

 益若はバストアップのアンダーウェアのイメージモデルに就任。この日のツイッターで、バストアップを目指して「体重3kg増やしてる」と書き出し、「体重増やすのきちー。カロリー高いの探してるけどオススメなぁに?」と増量に適した食べ物が何かをフォロワーに問いかけた。

 この投稿を受け、ファンからは「菓子パンですね。すぐ太ります、、」「朝よりも夜たくさん食べる!」「動物性の油を取ると吸収されやすいし身体付きやすいそうです」「毎日コーラとアイス」など、様々な食材や具体的なアイデアが寄せられることに。なお、益若は同日に「最近食べたラーメンはこちらです。やっぱり二郎ラーメンが優勝やな」と綴り、男性でも完食が困難だとされるガッツリ系のラーメンを楽しんだことも報告していた。

「過去には妊娠や離婚の前後で13キロほど太ってしまったことがある益若。自らが実践してきた減量法として、食べる時間の意識やウォーキング、毎日の体重計測、鍋料理ダイエット、糖質制限、サウナスーツなど、様々なメソッドに挑戦してきましたが、現在では『太るのがキツい』と嘆息。今も昔もダイエットは多くの女性を悩ませてきた永久のテーマですが、益若はそんな一般女性らとは真逆の悩みを抱えていることを説明。ネットでは、羨望の声が集まると同時に、一部から『太らない体質アピール?』『ケンカ売ってんのか?』『普段は一生懸命頑張ってダイエットしてそうなのに』『嫌味にしか聞こえない』『太れない自慢? うざっ』など、とりわけ女性からの反感を買っています。また、3キロの増量で都合よくバストだけがサイズアップするのかといった部分にも疑問の声が寄せられました」(テレビ誌ライター)

 益若は、20万人の登録者を抱えるYouTubeチャンネル「益若つばさ」の中でも、今年2月に低糖質ダイエットの方法などを発信。日々、やせたいと願う女性の気持ちを理解してきたはずの彼女だが、今回の表現は減量に悩む女性の逆鱗に触れてしまったようだ。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 7/5 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます