イスパニダの初仔コリエンテスが戸崎圭太騎手でデビュー/関東馬メイクデビュー情報

拡大画像を見る

 前週の更新で取り上げたニシノレバンテが7月4日の福島6Rでデビュー勝ちを飾り、新種牡馬イスラボニータの産駒はJRA初勝利となった(3日の6Rを逃げ切ったイチネンエーグミの父ポアゾンブラックの産駒も初勝利)。

 これまでドレフォン、シルバーステート、アメリカンペイトリオット、ロゴタイプと新種牡馬の産駒が結果を出してきており、外国産馬ではGun Runnerの初年度産駒もグランアプロウソが札幌でデビュー勝ち。この先も注目していきたい。

 今週の福島ではディープインパクト産駒の評判馬がスタンバイしており、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみだ。

【7月10日(土) 福島芝1800m】

◆コリエンテス(牡、父ディープインパクト、母イスパニダ、美浦・堀宣行厩舎)

 母はアルゼンチンの1000ギニーを勝っており、本馬が初仔になる。

 ゲート試験は6月2日に合格し、在厩のまま調教の本数を積み重ねてきた。先週の追い切りは実戦でも騎乗予定の戸崎圭太騎手を背にウッドチップコースで3頭併せ。実戦を想定し、年長馬2頭の間に入れる形で負荷をかけた。

 鞍上は「背中の感触はいいですね。まだ周りを気にしたりするようなところがあるけど、長めの距離が合うと思います」とジャッジしている。まだまだ成長の余地を残しているようだが、スピードに乗ってからのフォームなどは好印象。まずは初戦の走りに注目だ。

◆モンタナアゲート(牡、父ダイワメジャー、母カリスペル、美浦・和田正一郎厩舎)

 伯父にMamool(独G1・2勝)いとこにシャケトラ(日経賞、AJCC、阪神大賞典)がいる。大型馬。

 4月にゲート試験を合格しており、その後はノーザンファーム天栄で乗り込まれてきた。再入厩後は順調に追い切りを重ねており、ひと追い毎に時計を詰めている。ダイワメジャー産駒の大型馬だが、落ち着いた気性で中距離にも対応しそうなタイプだ。

 鞍上は津村明秀騎手を予定している。

【7月11日(日) 福島芝2000m】

◆サトノギベオン(牡、父キズナ、母フルボイス、美浦・戸田博文厩舎)

 昨年のセレクトセールに上場され、取引価格は7920万円。伯父にトーセンジョーダン(天皇賞・秋)、トーセンホマレボシ(京都新聞杯)、いとこにトーセンスターダム、(豪G1・エミレーツS)、センテリュオ(オールカマー)がいる。

 ゲート試験に合格後も在厩で乗り込み、じっくりと併せ馬の本数を積んできた。「十分に乗り込んできたし、気性的にもコントロールは利く。距離はあったほうが良さそうです」と斎藤調教助手。

 鞍上は岩田望来騎手を予定している。

【7月11日(日) 函館芝1800m】

◆ヒシアラカン(牡、父エピファネイア、母アソルータ、美浦・堀宣行厩舎)

 2019年のセレクトセールに上場され、取引価格は3888万円。バレークイーン(3代母)の一族になり、フサイチコンコルド(ダービー)、アンライバルド(皐月賞)、ヴィクトリー(皐月賞)などの近親にあたる。

 こちらもコリエンテスと同様、ゲート試験に合格後は在厩して乗り込んだ。年長馬を相手にしっかりと追われており、初戦から動けるだけの態勢は整っている印象だ。

 鞍上は大野拓弥騎手を予定している。

(取材・文:竹之内元)

関連リンク

  • 7/5 18:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます