ヤマダデンキ、使用済み家電の再生プラスチックを使った「買い物カゴ」導入

拡大画像を見る

 ヤマダホールディングスグループは7月2日、サステナブルな社会づくりの一環として、店舗から回収した使用済み家電製品の再生プラスチックを利用した買い物カゴをヤマダデンキ店舗に順次導入すると発表した。

 ヤマダホールディングスグループでは、先進的に家電製品のリユース・リサイクルに取り組んでおり、顧客の使用済み製品を可能な限りリユース製品として、再度顧客に届けている。
 また、リユースに適さない製品については、徹底的にリサイクルを行い、再資源化素材を新たな製品の原材料として活用するなどして、グループ完結型で地球環境保全と環境負荷低減に対応し、SDGsの達成に寄与している。
 今回、グループ完結型「環境資源開発事業」の一環として「使用済み家電製品からなる再生プラスチック」利用による買い物カゴをヤマダデンキ店舗に導入していく。

関連リンク

  • 7/5 17:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます