山田孝之主演『全裸監督』黒木香さんの同意は?Netflixに聞いてみた

拡大画像を見る

 6月24日からNetflixにて配信がスタートしている話題作『全裸監督 シーズン2』。

 ノンフィクション『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版/著・本橋信宏)を映像化した作品で、俳優の山田孝之が、AV業界に革命を起こした伝説の風雲児であり、“AVの帝王”と呼ばれた男、村西とおるを熱演するオリジナルドラマです。2年近く前に公開されたシーズン1の続編であるシーズン2では、アダルトビデオ業界のトップに立った村西のさらなる野望と、転落人生が描かれています。

 シーズン2は配信された途端に大反響の嵐。「おもしろすぎる」「出演者が豪華で目が話せない」などとSNSでは日々感想が飛び交っています。

 しかし、絶賛の声の反面、シーズン1の頃から『全裸監督』の準主役、「黒木香」役についてSNS上で懸念の声が上がっているのです。

◆黒木香さんの同意を得たの?ネットで懸念の声

 黒木香さんとは、ドラマでキーパーソンとなる、実在する元AV女優。現役大学生ながら、村西とおると共に生み出したデビュー作『SMぽいの好き』が異例の大ヒットを記録し、「わたくし」「~でございます」という古風な言葉遣い、そして黒々とした脇毛をはやしているなど、その個性的で魅力的なキャラクターで一躍、時代の寵児となりました。

 そんなカリスマ的人気女優だった黒木香さんは、94年に業界を引退。表舞台から姿を消しましたが、引退後も、過去の性生活についての記事や、「あの人は今」「消えたあの人大追跡」などと銘打った企画でしばしば私生活を報じられました。そういった報道に対して黒木さんは複数回、訴訟を起こしているのです。

 黒木さんは、引退後の消息記事や、過去の性生活、また出演アダルトビデオ作品の再版がプライバシーおよび肖像権の侵害に当たるとして、出版社の講談社、光文社、小学館、徳間書店、双葉社、DVD販売会社のオブテイン・フューチャー社に対して損害賠償などを求める民事訴訟を何度か起こしており、徳間書店、小学館に対しての勝訴が報じられています。

 徳間書店(判決当時「芝ホールディングス」)に対しては、AV監督のインタビューに基づいて過去の性生活についての記事を掲載されプライバシーを侵害されたとして、黒木さんが1650万円の損害賠償を求めて提訴。2006年5月23日、一審で東京地裁は、徳間書店に220万円の支払いを命じました。判決によれば、「黒木さんは引退して一般人として生活しており、過去の性生活を明かす記事の掲載を承諾していたとはいえない」とのこと。

 このように、引退後の近況や女優活動当時のプライベートな部分を報じられることに敏感である黒木香さんが、今回の『全裸監督』で自分のライフストーリーを映像化され全世界に配信されていることについて、SNSでは「黒木香さんにコンテンツ制作の同意を得たのだろうか?」「黒木さんにライフストーリーの映像化権料は払われていて欲しい!」と、心配する声が上がっているのです。

◆Netflixに問い合わせてみた

 村西とおる監督と黒木香さんについて、個人名をそのまま作品にしている『全裸監督』。主役である村西とおる本人はこの作品の映像化について事前に相談があり、主役は福山雅治がいいとまで主張した旨を過去にインタビューで語っています。 しかし黒木さんには許可が取られているのでしょうか?

 そこで、Netflixに『全裸監督』映像化にあたって、黒木香さんの同意を得たのか、また契約などは交わしているのかを質問してみましたが、期限までには回答を得られませんでした。

 しかし、今回は回答を得られませんでしたが、シーズン1が配信された2019年8月にNetflixに問い合わせたときは「作品制作にあたって、村西さん同様、黒木さんご本人は関与されていません。あくまでも本橋信宏著『全裸監督』という原作に基づいた作品です。権利関係に関してこれ以上お話しできることはありません」との回答を得ています。

 ノンフィクションと銘打(めいう)った作品を、実在する人物名・キャラクターそのまま映像化するということは、登場人物の権利に関してはグレーゾーンではないでしょうか?

 シーズン2には黒木香さんだけでなく、恒松祐里演じる新たなヒロイン・乃木真梨子さん(実在する村西とおるの妻)も実名で登場。一方、村西とおる率いるダイヤモンド映像所属の女優たちは実在を元にした架空のキャラクターになっています。

『全裸監督』シーズン2は全世界に向けて配信されたばかり。黒木香さんは今どんな気持ちで、過ごしているのでしょうか?

<文/満知缶子>

【満知缶子】
ミーハーなライター。主に芸能ネタ、ときどき恋愛エピソードも。

関連リンク

  • 7/5 15:46
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます