彼氏を大感激させる!割り勘を頼まれたときのリアクション9パターン

彼女にワリカンを頼むとき、男性は意外と緊張するもの。逆に言えば、そのときの対応次第で彼からの印象が変わることもありそうです。そこで今回は、20代から30代の独身男性222名に行ったアンケートから、「割り勘を頼んだとき『こんないい子と付き合えて幸せ!』と彼氏が嬉しくなるリアクション9パターン」を紹介します。

【1】「もちろん! 最初から出すつもりだったよ」と、嫌な顔をせずにおカネを出す
「渋らないだけでホッとする」(20代男性)のように、多くの男性はワリカンを頼んで彼女に嫌な顔をされるのを恐れているようです。ワリカンの申し出が予想外だったとしても決して顔には出さないほうがいいでしょう。

【2】「じゃあ今日は特別に私が出すよ」と、全額払おうとする
「頼りになる」(20代男性)と、彼女の太っ腹な一面を見て頼もしく感じ、性格がいい子だと思う男性は多いようです。ただ、この場合「ラッキー!」と本当に彼が甘えてくる可能性もあるので、本気でおごる覚悟がなければ言わないほうがいいかもしれません。

【3】「じゃあ次はおごってくれる?」と笑顔で次回のデートを約束する
「男のプライドがくすぐられる」(20代男性)のように、男性の「できればおごりたい」気持ちをくんだ発言に、「男をわかってる」と喜ぶ男性もいるようです。真剣な顔ではなく、多少冗談めかすことで、ワリカンが不満ではないことをよりアピールできるでしょう。

【4】「月末まで持つ? 無理しないでね」と、男性の経済事情を気遣う
「優しさにやられます」(20代男性)のように、自分の懐事情まで気にかけてくれる彼女の気持ちに、キュンとくる男性は多いようです。「安いお店でもいいよ」などと言えば、ますます「付き合いやすい子」と思ってもらえるでしょう。

【5】「うわ、あたしより貧乏ってけっこうレアだよ」と冗談を言いつつ払う
「後ろめたさが晴れる」(20代男性)のように、申し訳ない気持ちを冗談で流してくれる女性に対し、好感を抱く男性もいるようです。ただ、男性が冗談を本気にして「ケチだと思われた…」とへこまないよう、積極的におカネを払う姿勢を見せましょう。

【6】「おカネないなら、家でDVDでも見よう」と自宅デートに切り替えてくれる
「見栄を張らずにすむ」(20代男性)と、おカネのかからないデートを提案する女性に、背伸びせずに付き合える子だと感じて嬉しくなる男性もいます。自宅でも節約レシピでもてなすなど、庶民的なところをアピールしてはいかがでしょうか。

【7】「いつもおごってもらってるからね」と、感謝の気持ちを示してくれる
「その気持ちが嬉しい」(30代男性)など、普段おごってくれることへの感謝を伝えるだけでも、男性から好感をもたれるようです。「これからはワリカンでいいよ」など長く付き合うための気遣いを添えれば、さらに「優しくていい子」と彼に思ってもらえるでしょう。

【8】「クーポン探してみるね」と、半額支払うだけではなく、少しでも安く済まそうとしてくれる
「いい嫁さんになりそう」(30代男性)のように、安く抑える工夫を惜しまない彼女の姿勢に、「しっかり者」と感じてより好きになる男性もいます。普段のデートから、「高い店はやめよう」などと言っていれば、よりおカネにきっちりしている印象を与えられそうです。

【9】「そんなの当たり前でしょ」と当然のように振る舞う
「ずっと一緒にいられそう」(20代男性)のように、彼女の「ワリカンが当然」という態度に、対等な関係が築けると思い、テンションのあがる男性もいるようです。彼がワリカンを頼んでくる前に、財布を出して半額渡すといいかもしれません。

多くの男性は、ワリカンのお願いに嫌な顔をされたくないという不安を持っているようです。当たり前のように半額払うのはもちろん、たまには多少多めに払うくらいの余裕を見せれば、より男性を虜にできるかもしれません。(鼠入昌史/Office Ti+) 【調査概要】 期間:2013年3月20日(水)から3月26日(火)まで 対象:合計222名(20代、30代の独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/5 16:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます