鉄オタ・鈴川絢子 DMV試乗し興奮! 四国・阿佐海岸鉄道

拡大画像を見る

 タレント、鉄道オタク歴20年のYouTuberで、チャンネル登録者数が89万人を超える鈴川絢子(30)が5日、徳島県海陽町で自身のプロデュースした「DMVカレー」の発表会見に出席した。

 「DMVカレー」は海陽町と高知県東洋町を結ぶ阿佐海岸鉄道で、年内の営業運行実現を目指している、線路と道路の両方を走行できる世界初の乗り物「DMV(デュアル・モード・ビークル)」をイメージ。地元の食品製造販売「株式会社丸本」と共同開発した。

 鈴川は走る場所によってタイヤと車輪のモードチェンジを行うDMVにちなんで、徳島県産の阿波尾鶏を使用した「辛口阿波尾鶏キーマカレー」と高知県産のぽんかんを使った「甘口ぽんかん阿波尾鶏カレー」の2種類の味をプロデュース。「親子で楽しく食べられるようにと。途中で2つを合わせて味変、モードチェンジができます」と、5日から発売する新商品をアピールした。

 会見の中ではDMVのバスモードに試乗した鈴川。バスからモードチェンジし、鉄車輪が出てくる様子にも興味津々。「車内はバスそのもので、これが軌道の上を走るとどういう感じになるのかすごく楽しみ」と、鉄道モードへの乗車を心待ちにした。

関連リンク

  • 7/5 15:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます