赤楚衛二、中島健人は「運命の相手」 取材会でイチャつく

俳優の赤楚衛二が5日、オンラインで行われたカンテレ・フジテレビ系の新火9ドラマ『彼女はキレイだった』(7月6日より毎週火曜よる9時~)のリモート取材会に、ダブル主演の中島健人、小芝風花とともに出席した。



同ドラマは、さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝)という真逆の成長を遂げた二人の“すれ違う初恋”の行方を描く、この夏一番の胸キュンラブストーリー。


撮影開始から1ヶ月が経ったそうで、撮影前と後の印象を聞かれると、赤楚について中島は「人生の中で最高の友だちに出会ったんじゃないかなと思うくらいの方」と表現し、「血液型以外、全部一緒です。趣味も一緒だし、理想の女性像も一緒だし、トレーディングカードゲーム(遊戯王)の趣味も一緒だし、人生の中で滅多に出会うことのない友だちと出会えました」とニッコリ。役柄的にはライバルのため、撮影時はお互いにそれなりの距離を保っているそうだが「公式アカウントに出る動画の距離はゼロなんです」と嬉しそうに語った。加えて、理想の女性像はどんなタイプか追求された中島は「横顔が美しいZARD系美人」と答えた。

一方、中島の印象について赤楚は「(撮影に)入るときにメイクさんから(中島は)怖いかもしれないって聞いていて、かつテレビの向こう側でしか見たことがない人だったから、“本物のスターだ”って第一印象でした(笑)」といい、「ライバル役だし、距離とか詰められるのかなと不安があったんですけど、蓋を開けてみたら共通点が多すぎて、運命の相手なんじゃないかってくらいで、ゾッとするくらい(共通点が)あって、生き別れの兄弟かってくらいです」と頬を緩ませた。続けて赤楚が「ただお芝居になると宗介スイッチが入るのか、ちょっと喋りかけづらい雰囲気になるかな」と明かすと、中島は「そういう面も見ていただいてありがたいですけどね」と返し、これに小芝は「ねえ、イチャつかないでもらっていい」と突っ込んで笑いを誘った。


また、作品にちなんで、最近プライベートでキュンとしたことを聞かれると、中島は全国ツアー中で北海道に行った際に油そばにハマったというエピソードを挙げ「2日間で4食、油そばで過ごさせていただいたんですけど、目の前にいたメンバーの佐藤勝利が、4食目の油そばを食べているときに、すごく真面目な顔で『ケンティーさ、野菜も摂ろうよ』って言ってくれて、滅多にそういうことを言ってくるメンバーじゃないですけど、心配してくれたんだなと思って、ちょっとキュンとしましたね」と目を輝かせ、撮影中に唇の同じところを4日間で8回噛んでしまったという小芝は「すごく痛くて、でっかい口内炎ができちゃって落ち込んでいたんです。そうしたら中島さんが撮影終わりに口内炎の薬を、しかも貼る用と塗る用の2種類を買ってきてくださって、プラス“治ったら食べてね”でお菓子も買ってきてくれていたんです。それはすごく感動しました。さすがだな、かっこいいなと思いましたね。あんな大きな口内炎が2日で治りました」と感謝した。


同じ質問に、赤楚は「撮影中に2人(中島と小芝)の間に入るときに足を滑らせてしまったときがあって、そのときに2人ともガッと助けてくれて“なんて頼もしい2人なんだ”って思ってドキッ、キュンでしたね」とコメントすると、中島は赤楚に対しても胸キュンしたことがあること明かし「ツアーで福岡に行ったときにラーメンをお土産で買ってあげて、『ありがとう!すぐ食べるよ』って言われて、でも忙しくてだいたいすぐには食べられないじゃないですか。そうしたら翌日の撮影でバッとスマホを出してきて、自分のうちで作った僕がプレゼントであげたラーメンにちゃんとチャーシューを乗せた写真を見せてくれて、めちゃくちゃかわいいって思いました」と声を弾ませた。


そんな仲睦まじい2人だが、もし2人が恋のライバルになったら、ここだけは負けないというポイントを尋ねられると、中島は「なんでそんな仲が悪くなるような質問をするんですか!」と前置きをして笑わせつつ、「僕、乗馬ができるので、僕のヒロインを馬に乗せて、2人乗りでどこまでも行こうと思っています」と答えると、赤楚は「それで言いますと、唯一勝てるかなと思うのは、駐車のうまさ。だいたい一発で駐車できます」と対抗し、「どっちに乗りたいかで決めてください」と笑顔を見せた。

関連リンク

  • 7/5 15:28
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます