WEリーグのタイトルパートナーが「Yogibo」に決定…DAZNとは放映権契約を締結

拡大画像を見る

 一般社団法人日本女子プロサッカーリーグ(WEリーグ)は5日、タイトルパートナーと、オフィシャルブロードキャスティングパートナーを発表した。

 発表によると、WEリーグのタイトルパートナーは、快適すぎて動けなくなる魔法のソファ「Yogibo(ヨギボー)」の日本国内販売事業他を手掛ける株式会社ウェブシャークに決定。なお、契約は2021年7月1日から2023年6月30日までの2年間となった。また、オフィシャルブロードキャスティングパートナーとして、スポーツ専門ライブストリーミングサービスを提供するDAZNとは、2021-22シーズンから2028-29シーズンまでの8シーズンにわたって放映権契約を締結したことも明らかとなった。

 国内11クラブでタイトルを争う日本初の女子プロサッカーリーグであるWEリーグは、9月12日に開幕を迎え、ホーム&アウェイ方式による総当たりのリーグ戦で全110試合が開催予定。2021-22シーズンの最終節にあたる第22節は、現時点で来年の5月21日(土)または22日(日)に行われる予定となっている。

関連リンク

  • 7/5 14:12
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます