「場末」=「じょうまつ」…?読めたらスゴイ!《難読漢字》4選

世の中には、知らない難読漢字がたくさん!生活の中で文章に触れていて、わからない漢字に出会うこともあるはず。そこで、意外と読めない難読漢字を集めてみました♡知っていると大人の品格がアップするので、学んで損はありません♩

意外と知らない難読漢字①場末


なんとなく読み方や意味をイメージしやすい漢字ですよね。場末の居酒屋、なんて言葉を耳にしたことがある人もいるかもしれません!そう、「場末」の読み方は「ばすえ」です。そして、「場末」の意味は、都市の中心部から外れた場所!場末の居酒屋は、町外れにある居酒屋という意味なんですね♩
(広辞苑より)

意外と知らない難読漢字②悔過


「悔過」は、実際に読んだことがない人にとっては、なかなか難易度の高い漢字!読み方は、「けか」です。「悔過」の意味は、罪を悔いること、懺悔すること!誰でも間違った行動をしたり、後悔したりすることはありますよね。過去の自分の行動を思い出しながら、漢字の読み方を覚えてみてください!
(広辞苑より)

意外と読めない難読漢字③流暢


「流暢」は身近な言葉なので、目にしたことがある人も多そう♩読み方は「りゅうちょう」で、意味は、言葉づかいがすらすらとしてよどみのないことを指しています。流暢な日本語、流暢な喋り方、などといった使い方をします!海外の人と接するときなど、実際に生活の中で使う場面もあるかも♡必要なタイミングで読めるように、ぜひ、覚えておいてくださいね。
(広辞苑より)

意外と読めない難読漢字④煩悶


「煩悶」は、「はんもん」と読み、もだえ苦しむことや、わずらいもだえることなどの意味があります。生活の中であまり出番のない漢字ですが、誰でも悩み苦しむときはあるもの。苦しいことがあったら、気持ちを紛らわせるために、煩悶の漢字や読み方を思い出してみてもいいかもしれませんね!
(広辞苑より)

読めたら嬉しい!難読漢字で物知り女子に


難読漢字は、思ったよりも身近なところに隠れています。今まで知らなかった難読漢字にも、実は日常的に使える言葉があるもの♡一気に覚えるのは難しいですが、暇な時間を活用して覚えてみて♩少しずつ難読漢字のレパートリーを増やして、物知り女子になっちゃいましょう!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/5 7:35
  • lamire

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます