乃木坂46阪口珠美&遠藤さくら、卒業発表の大園桃子にメッセージ「いつまでも、ももたまは仲良し」「全部全部だいすきです」

【モデルプレス=2021/07/05】乃木坂46の阪口珠美と遠藤さくらが4日、自身のブログを更新。同日、27枚目シングルの活動をもってグループから卒業すること、及び芸能界から引退することを発表したメンバーの大園桃子について、想いをつづった。

◆乃木坂46阪口珠美&遠藤さくら、大園桃子へメッセージ

阪口は、大園について「ももたんの卒業が発表されました。『たまたんに最初に話すよって』このお話をしてくれたのは ずいぶん前の事だったなと 思い返していました」とコメント。

「最初に言われた時、あの時は正直 やだやだやだやだやだやだーーと思っていました。私の事をわかってくれて 心から信頼できて 頼りになる大好きな人だからずっと近くにいてほしくて。でももう一度ゆっくり考えた時に それは私の勝手な気持ちを押し付けた感情だから ダメだって思えるようになりました。同時にいつも助けてもらっていたのに 私はももたんが辛い時助けてあげられなかったなとあれこれ反省の気持ちも出てきました」と先輩が卒業した時とはまた違った、初めて経験する同期の卒業への思いを明かした。

また、これまで加入時から誰1人卒業することなくここまで活動してきた3期生。阪口は「3期生11人が永遠に大好きです。同期って素晴らしい!ということは1期生や2期生の先輩方を近くでみていて本当に尊いなって心から感じていました。3期生ってそれぞれが色々な考え方だったりみんな個性も強めですが、ライブやMV撮影などの時、一緒になった途端に中心に集まってめっっっちゃ力強くぎゅーっとまとまるチームです。みんながぎゅーっと集まる中心にはいつもももたんがいました。ももたんの柔らかい雰囲気が個性強めな3期生をふんわり包み込んでくれていたんだと思います。これからも3期生は永遠に12人」と改めて3期生への愛を告白。

「ももたん いつもたくさん助けてくれてありがとう 3期生の真ん中にいてくれてありがとう 珠美を好きでいてくれてありがとう ずっとずっとこれからもず~~~っと大好き!」という言葉で締めた。

また、遠藤は「桃子さんへ 全部全部だいすきです。一緒にギターを練習して、歌って、仲良くなって、嬉しくて。桃子さんとだったから楽しかったです。友情ピアスのMVも、全部 夢のままのMVも、大切な宝物です」と2人の思い出とともに大園への想いをつづり、「残り2ヶ月、よろしくお願いします」と呼びかけている。

◆大園桃子、阪口珠美&遠藤さくらのメッセージに感動

2人からのメッセージを受け、大園は自身のInstagramのストーリーズに、それぞれへの想いを投稿。

阪口には「たまたんのブログが泣けちゃうのだよ~心が苦しくなっちゃったよー だいすきだいすき、おたまちゃんだいすき!!ももたまずっと仲良しだよ」、遠藤には「さくらちゃんが、ブログに私の事を書いてくれてる…嬉しいよ~だいすきだよ~友情ピアス、大切な思い出の曲になりました」と、メッセージを贈った。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/5 12:44
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます