台湾から寄せられた熱海土砂災害へのメッセージ その内容に感謝の声

拡大画像を見る

2021年7月3日、静岡県熱海市で大規模な土砂崩れが起きました。

同月5日現在も、警察や自衛隊などが救助作業にあたっています。

台湾の蔡英文(さい・えいぶん)総統は、土砂崩れが発生した3日に、Twitterを更新。日本へのメッセージを送りました。

「日本に必要な救助をいつでも提供できるように、用意をしている」という心強いメッセージを投稿した蔡英文総統。

蔡英文総統は、これまで日本で地震や台風などの災害が起きた際も、温かいメッセージを送っていました。

また、日本は同年6月に国内で製造したワクチンを台湾に無償提供するなど、友好的な関係が続いています。

日本の寄付したワクチンが台湾に到着 総統からのメッセージに「最高の友人」の声

投稿には「思いやりに感謝です」「優しい言葉に涙が出そう」「台湾も大変なのに、ありがとう」と、日本から感謝の声が寄せられていました。

また、台湾の人からは「本当に心を痛めています。日本のみなさん頑張って」「日本を応援しています」など、エールの言葉も上がっています。

日本が大変な時に手を差し伸べてくれる台湾からのメッセージは、私たちの心の支えになりそうですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @iingwen

関連リンク

  • 7/5 12:13
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます