SDGsな日焼け止め、「酸化チタン」で紫外線カットするから素肌と海にやさしい

拡大画像を見る

 石川県能美市にある化粧品メーカーのルバンシュは、素肌にも海にもやさしい日焼け止め「海へのおもいやりUVケア」を「海と日本プロジェクト」とのコラボパッケージで、6月から数量限定で販売開始した。

 ハワイやパラオの海で規制されている紫外線吸収剤や石油系防腐剤を一切使用せず、酸化チタンという自然由来の成分を使って紫外線をカットする。
 今回、豊かな海を次世代につなぐという「海と日本プロジェクト」の趣旨に賛同し、この日焼け止めを海と日本プロジェクトコラボパッケージで販売する。
 パッケージには、同製品を通して海の生態系を守る気持ちを育んでほしいというメッセージが込められている。サンゴやクマノミ、イソギンチャクなど海の生き物をあしらった、涼しげで夏にぴったりのデザインに仕上げた。この夏は「海へのおもいやりUVケア」で紫外線対策をしながら、海洋環境の保全について考えてみては。価格は4180円。

関連リンク

  • 7/5 12:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます