【七夕賞見どころ】クレッシェンドラヴが得意条件で巻き返し狙う

拡大画像を見る

 クレッシェンドラヴに注目したい。得意の福島に替わって重賞3勝目なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■7/11(日) 七夕賞(3歳上・GIII・福島芝2000m)

 クレッシェンドラヴ(牡7、美浦・林徹厩舎)は昨年の七夕賞覇者で、19年には同コースの福島記念も制しているコース巧者。昨秋からはGIに挑戦して思うような結果が残せなかったが、得意の条件に戻るここで巻き返しの期待は十分だ。七夕賞連覇なるか。鞍上は内田博幸騎手。

 ヴァンケドミンゴ(牡5、栗東・藤岡健一厩舎)も福島巧者で、過去に福島芝2000mは[2-1-1-0]とすべて好走。重賞も昨年の七夕賞で3着、福島記念で2着と堅実駆けしている。今年に入ってから苦戦が続いているが、福島なら巻き返しを期待できるだろう。鞍上は4走ぶりに酒井学騎手。

 その他、前走安田記念で5着のトーラスジェミニ(牡5、美浦・小桧山悟厩舎)、昨年10月の富士S以来となるワーケア(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)、日経新春杯で3着のクラージュゲリエ(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)、鳴尾記念で2着のショウナンバルディ(牡5、栗東・松下武士厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

関連リンク

  • 7/5 10:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます