【プロキオンS見どころ】今年は小倉開催 ワイドファラオの重賞4勝目なるか

拡大画像を見る

 今年は小倉ダート1700mで行われる一戦。ワイドファラオに注目したい。昨年のかしわ記念以来となる重賞Vなるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■7/11(日) プロキオンS(3歳上・GIII・小倉ダ1700m)

 ワイドファラオ(牡5、栗東・辻野泰之厩舎)は昨年のかしわ記念など重賞を3勝しており実績は上位。昨夏以降は苦戦が続いていたものの、前走浦和のさきたま杯で3着と復調気配を見せている。ローカルの1700mは初だが、こなして重賞4勝目なるか。鞍上は福永祐一騎手。

 ウェスタールンド(セ9、栗東・佐々木晶三厩舎)は昨年アンタレスSを勝ち、暮れの東京大賞典でも3着など安定した成績を残した。今回は半年以上の休み明けの9歳初戦となるが、調教は順調で力は出せそう。ローカルのダート1700mは合うだけに、重賞2勝目を期待したい。鞍上は藤岡佑介騎手。

 その他、3勝クラスからの連勝で三宮S(OP)を制したサンライズホープ(牡4、栗東・羽月友彦厩舎)、アンタレスで4着のダノンスプレンダー(牡5、栗東・安田隆行厩舎)、昨年の佐賀記念覇者ナムラカメタロー(牡5、美浦・稲垣幸雄厩舎)、オープン昇級後3戦連続で2着のバンクオブクラウズ(牡4、栗東・石坂公一厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

関連リンク

  • 7/5 10:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます