櫻井翔も…事務所総出!キンプリ、日テレ特番「空白」は「逆風の50日後」への布石!?

拡大画像を見る

 7月3日、8時間にわたって放送された嵐・櫻井翔(39)司会の音楽特番『THE MUSIC DAY 音楽は止まらない』(日本テレビ系=以下同)に、King&Prince(キンプリ)が出演した。

「8月21日と22日に放送される『24時間テレビ』のメインパーソナリティーを務めるキンプリは、彼ら自身のオリジナル曲を披露する前に、女優の浜辺美波(20)が登場し、平野紫耀(24)が『24時間テレビ』内で出演を務めるドラマ『生徒が人生をやり直せる学校』の紹介があったほか、高橋海人(22)もデザインに携わった“チャリTシャツ”の全カラーラインナップを発表していました。

 また、司会の櫻井がキンプリに初のメインパーソナリティーへの意気込みを聞き、高橋が“素敵なTシャツを作らせていただいたのでたくさんの人に着てほしい”、平野が“僕もドラマやらせていただくので、初教師役なので頑張りたいと思います”とそれぞれコメントしました」(女性誌記者)

 歌のパートでキンプリは、7月21日発売予定のアルバム『Re:Sense』から『僕らのGreat Journey』、デビュー曲の『シンデレラガール』、2020年6月リリースのシングル曲『Mazy Night』を披露した。

■脱退後も空いたままで「永久欠番」との声も

「キンプリが披露したオリジナル曲の中でも注目となったのが『シンデレラガール』でしょう。この曲のサビでは、メンバーが横一列に並ぶところがあるのですが、画面から見て1番左の高橋と2番目の平野の間が、3月いっぱいでジャニーズを退所し、グループを脱退した岩橋玄樹(24)の立ち位置が空白のままになっていたんです。

 キンプリが岩橋の脱退後、公の場で『シンデレラガール』を披露するのは、今回が初めてです。空いている岩橋の立ち位置に、“いわち、抜けても、その位置があいてるのが泣ける”“シンデレラガールのいわちポジションは永久欠番なんだね”といった声もSNSにありましたね」(前出の女性誌記者)

 退所した今でも岩橋の立ち位置が守られていることが明らかになった今回のキンプリのパフォーマンス。彼らがメインパーソナリティーを務める『24時間テレビ』では、“ある期待”が高まるという。

「『24時間テレビ』で、キンプリメンバーと岩橋の感動の再会があるのではないか、とささやかれています。岩橋の退所は体調不良が理由で、ジャニーズ事務所と揉めたわけではないですし、5月13日付の『FRIDAYデジタル』では、番組側がすでに水面下で岩橋への出演オファーをしているとも報じています」(前同)

■今年の『24時間テレビ』には大逆風が!

 キンプリと岩橋の再会の噂も出ている『24時間テレビ』だが、不穏な声も聞こえてくる。

「東京オリンピックの開幕式が7月23日と迫っているものの、東京都のコロナ新規感染者数は7月4日(日)にも518人となり、前の週の同じ曜日に比べて、新規感染者が増えた日が15日連続になっており、明らかな増加傾向にある。東京五輪の開催についても、直前に迫った現在も中止を求める声があり、観客についても6月には上限1万人との決定があったものの、ここにきて再び、無観客で調整するとの話も出ており、混乱が続いています。

 こうした中、フジテレビは『27時間テレビ』の中止を5月にアナウンスしました。『24時間テレビ』についても、“放送をなぜ強行するのか”という声も多く出てきています」(夕刊紙記者)

 コロナの深刻な感染状況で大逆風を受ける日本テレビの夏の風物詩『24時間テレビ』。例年と比べ盛り上がりに欠けるもの致し方ないと思われるが、それには、「メインパーソナリティーを務めるキンプリにも要因があるかもしれない」と夕刊紙デスクは語る。

「ジャニーズファンでは知らない人はいない存在のキンプリですが、国民的人気はまだまだ。高齢者層などでは彼らを知らない人は多く、SMAP、嵐、TOKIO、そしてV6などと比べたら、ただのジャニーズの若手グループ、という認識しかない人も多い。今回の『24時間テレビ』がまだイマイチ盛り上がってこないのは、現在の彼らの知名度も関係しているのでは、という意見も多いですね」(前同)

■キンプリの『24』を盛り上げるため事務所総出!?

 前出の夕刊紙デスクは続ける。

「ただ、ここに来て、キンプリメンバーの露出は多くなっています。平野が8月20日に主演映画『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜ファイナル』を公開を控え、7月5日にも『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演します。また、岸優太(25)は1月3日から『VS魂』にレギュラー出演し、6月21日放送開始の波瑠(30)主演の“月9”ドラマ『ナイト・ドクター』(いずれもフジテレビ系)にも出演中。

 永瀬廉(22)は、5月24日からNHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ 』に出演。高橋海人も『ドラゴン桜』のメインの生徒役で出演し、神宮寺勇太(23)もバラエティ番組で活躍しており、グループだけでなく、個人での活躍も、一般の人の目にも触れるようになってきています。『24時間テレビ』に向けて、そしてその後のグループの飛躍に向けて、現在は“ブースト期間”とも言えそうなほどの露出ですよ」

『THE MUSIC DAY』では、櫻井からも『24時間テレビ』について言及があった。

「今回の櫻井のように、ジャニーズ事務所のタレントたちが、将来、事務所を背負って立つキンプリのために、『24時間テレビ』の番宣をするようなことが今後ありそうですね。キンプリで失敗させるわけにはいかない。それこそ、事務所総出の盛り上げが、8月21・22日の『24時間テレビ』の本番に向けてあるのではないでしょうか」(前同)

 前出の夕刊紙デスクは続ける。

「事前の告知に加え、『24時間テレビ』が盛り上がるには、やはり“感動の仕掛け”が必要になってくるでしょう。サプライズ性もあって、話題になるようなこととなると、やはり脱退した岩橋とキンプリメンバーの、一夜限りの再会というのは最高の演出になる気がしますね。今回の『THE MUSIC DAY』で岩橋のスペースが空いていたのは、その“布石”という可能性もあるかもしれません」

 7月3日放送の『THE MUSIC DAY』から、8月21日の『24時間テレビ』までちょうど50日。逆風が吹く夏の国民的番組に向けての準備が始まっていたとも考えられるが、果たして……!?

関連リンク

  • 7/5 12:06
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます