キエーザが重傷負った同僚DFへスペイン戦での勝利を誓う「彼に大きな喜びを」

拡大画像を見る

 イタリア代表FWフェデリコ・キエーザが、EURO準決勝のスペイン代表との対戦を前に心境を語った。4日、イタリアメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 EURO2020のイタリア代表で攻撃の中核の一端を担っているキエーザ。決勝トーナメント1回戦のオーストリア代表戦では、自身が「計り知れないほどの喜びだった」と振り返る延長戦での貴重なゴールを決め、その活躍によって準々決勝のベルギー代表戦ではスタメンの座を勝ち取った。

 好調を維持するイタリアは、その準々決勝で優勝候補の一角と目されたベルギーも撃破。この勝利についてキエーザは「僕らは素晴らしい試合をしたが、これはミステルが2年に渡って取り組んできたことのおかげだ」と指揮官のロベルト・マンチーニ監督の功績を強調し、さらに「僕らは皆ほとんど兄弟のようなものだ」と、チームとしての関係性の良さも窺わせた。

 またキエーザは、この試合で重傷を負ったDFレオナルド・スピナッツォーラの離脱に「とても残念だよ」と言及。「非常に難しい試合になる」と強い警戒を示す準決勝のスペイン代表戦に向けて、「彼のことが恋しくなるだろうけど、彼には復帰のことだけ考えてもらって、僕らは彼に大きな喜びを与えられるようにしないとね」と、チームメイトのためにも勝ち進むことへの決意を改めて口にした。

関連リンク

  • 7/5 11:13
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます